イラスト/小迎裕美子

写真拡大

私たちの生活にすっかり根付いている「お買い物ポイント」。中でもネット通販最大手の楽天市場の「楽天ポイント」は人気が高い。楽天証券、楽天銀行、楽天カード、楽天生命などグループでまとめて利用するこで楽天ポイントをフルゲットするワザを紹介しよう。

投信積み立ての販売手数料もポイントに、
給料の受け取りや他行への振込もポイント!

 楽天証券に口座を開いて投資信託の積み立てをすると、販売手数料の1%を楽天スーパーポイントでバックしてくれる(ノーロードは除く)。

 さらに投資信託の残高が月末時点で50万円以上になると50ポイント、200万円以上で100ポイントと、残高に対して月々ポイントをもらえるようになる(資産形成ポイント)。

 この他、「NISA口座開設と取引」「はじめてのFX取引」など、その時々で楽天証券が推したい商品に対してキャンペーンをしているので、自分が投資したい商品がその中にないか、必ずチェックしよう。

 個人向け国債や株取引などでもポイントが得られる「ハッピープログラム」にもエントリーするとさらにポイント獲得が拡大される。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)