写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みなさん、あけましておめでとうございます。2013年もいろいろあった年でしたね(雑なまとめ)。きっと2014年もいろいろなことがあると思いますが、ここで唐突にニコニコ動画における2013年をコンテンツ面から振り返っていきたいと思います。ニコニコ動画をよく見ている方は「あったなぁそんなこと」と思いつつ、あまり知らない人は「2013年、ニコ動ではこんなことが起きていたのか」とサクッと知識を入れるつもりで読んでいただければ幸いです。

○進撃の巨人が大ブレイク!

2013年4月から9月まで2クールにわたって放送されたアニメ『進撃の巨人』。以前から原作漫画は注目されていましたが、アニメ化されたことで一気に人気に火がついたのが2013年でした。大晦日、紅白歌合戦時のTwitterにおける「イェーガー」の大合唱は記憶に新しいところです。間違いなく2013年を代表する最大のヒットコンテンツといえるでしょう。

その人気の波は当然、ニコニコ動画にも波及。というよりも、ニコニコ動画でも公式アニメを放送していたので、人気が出るのは至極当たり前の流れだったと言えます。特に第一期OP曲「紅蓮の弓矢」はすさまじい人気を誇り、MAD動画やOP再現、「歌ってみた」「演奏してみた」「踊ってみた」などニコニコ動画の多くのジャンルを巻き込んで一大ムーブメントを巻き起こしました。

中には「こんなものと組み合わせるのか!」と、その発想の自由さに驚いてしまうような動画も多々あり、久しぶりにニコニコ動画ユーザーがひとつになって楽しめるコンテンツが来たという印象を受けました。

○パズドラ関連の動画投稿が増える

『進撃の巨人』と並んで2013年に社会現象を巻き起こしたコンテンツといえば『パズドラ』こと『パズル&ドラゴンズ』です。無料のスマホゲームとはいえ、そのダウンロード数は驚異の2,200万。リリースから1年以上経っても今だ衰えを見せないその人気で、リリース元のガンホーの株価は急上昇しました。

そうなると、「ゲーム実況動画」を楽しんでいるニコニコ動画ユーザーがこれを見逃すはずはありません。プレイ動画はもちろん、「ガチャ」をひたすら回すだけの動画、パズドラをネタにした替え歌など、様々なパズドラ関連動画が投稿された一年でもありました。

○艦隊これくしょんが大ブレイク

2013年にブレイクした作品として忘れてはいけないのが『艦これ』こと『艦隊これくしょん』。プレーヤーが「提督」となり、第二次世界大戦中に活躍した日本海軍の艦艇を擬人化した「艦娘(かんむす)」を収集、育成して任務をこなしていくシミュレーションゲームですが、たった1年足らずで動画数は1万件に届こうかという勢いです。MADを中心とした艦これ動画人気はとどまるところを知らず、2014年も続いていくことでしょう。

○カゲロウプロジェクト完結

2011年からニコニコ動画を中心に盛り上がりを見せていた「カゲロウプロジェクト」が2013年、ついに完結しました。同プロジェクトはボカロPであるじん(自然の敵P)さんが一人で始めたもの。キャッチーな楽曲とストーリー性を持たせた深い歌詞、そして各楽曲同士が少しずつ関連して世界観を構築していくという構成は、多くの若いユーザーを魅了しました。

CD化はもちろん、コミカライズやアニメ化などのメディアミックス展開も積極的に行っており、完結後もさらなる展開が期待できそうです。

○有名人が続々と動画を投稿

以前からニコニコ動画には有名人がちょくちょく動画を投稿するようになっていましたが、それがさらに加速したのが2013年でした。代表的な有名人はなんといっても小林幸子でしょう。

もともとニコニコ生放送への出演をきっかけに、ユーザーとコメントで交流する楽しさを知ったという小林幸子。2012年の大晦日にはニコファーレに映像で出演しましたが、1年後の2013年大晦日はついに本人が生出演。さらにニコニコ超パーティー2への出演やニコニコ町会議への出演など、ニコニコ動画を心から楽しんでいる様子が伺えました。

そんな彼女が自らアカウントを取得し、投稿した「歌ってみた」動画は、再生数約150万と大ヒット。2014年も引き続きニコニコ動画とのコラボレーションに期待ですね。

また、ニコニコミュージカル「千本桜」で主演を務めた加藤和樹が自ら「千本桜」を歌って投稿したり、

元JUDY AND MARYのギタリストであるTAKUYAが「弾いてみた」カテゴリに「OVER DRIVE」の演奏動画を投稿するなど、ニコニコ動画が始まった7年前には想像もしなかったことが普通に起こるようになってきましたね。

なお、もうすっかり時の人となったゴールデンボンバーですが、相変わらずニコニコ動画での活動も続けているようで、鬼龍院翔は2013年の3月に「踊ってみた」動画を投稿。有名人になっても変わらない体を張ったノリでファンを魅了し続けています。

このほか、動画ジャンルとしては「ゲーム実況」「ボーカロイド」「歌ってみた」などが引き続き安定した人気を誇っており、『東方Project』や『アイドルマスター』も一時期ほどではない印象ですが根強く投稿されています。また、比較的ニコニコ動画ではネタになりにくいテレビドラマですが、『半沢直樹』を扱った動画は多く投稿されており、世間の人気を反映した流行が見られました。

さて、2014年のニコニコ動画はどんな進化を遂げるのでしょうか。個人的には黎明期のような空気感が戻ってきてほしいと思いつつ、今年も引き続き注目していきたいと思います。

○勝手エヴァンジェリスト・山田井ユウキ

1980年生まれ。レビューサイト「カフェオレ・ライター」で、映画、漫画、ゲームなどを独自視点からレビューする他、「builder by ZDNet Japan」「ハリウッドチャンネル」など各種媒体で記事を連載中。どんなに忙しくても一日数時間ニコニコ動画に費やすという、社会人としてあるまじき生活を謳歌中。好きな動画ジャンルはゲーム実況、ボカロ、他エンタメ系全般。
(タイトルイラスト:3P3P)

※本コラムで紹介している動画は、作者やサイトなどの都合により削除されることもあります。あらかじめご了承ください。

(山田井ユウキ)