赤道ギニアとの親善試合が無効に

ざっくり言うと

  • 11月の赤道ギニア対スペインの一戦が、FIFAの規定で無効試合となった
  • 主審を赤道ギニア人が務めたが、同国出身者が主審の場合、事前に書類提出が求められる
  • しかし書類が届いたのは試合直前で、規定により無効と決定

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング