萌えミリタリー専門雑誌の草分け「MC☆あくしず」

写真拡大 (全2枚)

 兵器の美少女擬人化。「艦隊これくしょん〜艦これ〜」のブームにより、突如多くの人の目に触れることとなった異色のコラボレーションは、どのようにして生まれたのか。萌えミリタリー専門雑誌『MC☆あくしず』副編集長の浅井太輔氏に、その起源と発展について聞いた。
* * *
――兵器や武器をかわいい女の子に擬人化するというのは最近の現象なのでしょうか?

浅井太輔(以下、浅井):兵器を女の子に擬人化するというのは、かなり昔からある発想です。たとえば、第二次世界大戦中のドイツ軍によるティーガー戦車の公式教本「Tigerfibel」をみると、セクシーな女性のイラストがたくさん出てきます。ティーガー戦車を女性に擬人化して、女性に対するのと同じように優しく誠意をもって扱えば、女性と婚約できるように戦車とも上手く付き合えると説明しています。

 太平洋戦争前の日本でも、ミリタリーとは少し違いますが豪華客船を擬人化したポスターが残っています。日本郵船が1940 年の新田丸、八幡丸、春日丸の処女航海にあわせて、美しい着物姿の三姉妹を船にみたてたものです。これらの客船は、のちに空母に改造されました。

――これは本当の擬人化で艦これのように美少女にメカを付けたような形状ではないですね。

浅井:メカ擬人化のはしりと思われるものとしては、1980 年代に「機動戦士ガンダム」のモビルスーツを擬人化したMS 少女というものがありました。1990 年代になると模型雑誌「モデルグラフィックス」誌に艦船を擬人化したイラストが載るようになります。インターネットが普及した2000 年代ごろからは、ネット上でのイラストのやり取りが多くなります。とはいえ、まだ同好の士が絵を見せ合って楽しむ程度のものでした。

 その後、MS少女などの影響を受けた世代が第一線で活躍し始めたことで、機械と美少女をあわせたメカ少女や擬人化が商業物にも登場するようになりました。アニメ「ストライクウィッチーズ」の原作、「スカイガールズ」や「ガールズ&パンツァー」のキャラクターデザインも担当しているイラストレーターの島田フミカネさんが代表的ですね。

――商業物では、兵器の擬人化、とくに美少女とのつながりはどのように表現されていったのでしょうか?

浅井:擬人化ではありませんが、萌えミリタリーアニメなどを振り返ると分かりやすいです。2003 年には女の子が戦闘機に乗り隕石を迎撃する「ストラトス・フォー」、2006 年には女の子が戦闘機のようなパワードスーツに身を包んで戦う「スカイガールズ」、女性乗組員が護衛艦で海賊と戦う「タクティカルロア」が制作されました。「タクティカルロア」は海上自衛隊が協力したことでも話題になりました。

 さらにシューティングゲームではスクール水着に似たコスチュームを着たメカ少女が戦う「トリガーハート エグゼリカ」がリリースされています。ただ、ここまでは近未来を舞台としたSFテイストの萌えミリタリーものが多かったですね。同じ2006年には弊社で萌えミリタリー雑誌「MC☆あくしず」が創刊されています。

 そして2008 年に「ストライクウィッチーズ」というアニメがヒットします。登場する美少女たちは第二次世界大戦のエースパイロットを彷彿とさせる設定で、当時の戦闘機のようなパーツを装備し、セクシーな格好で謎の敵と戦うストーリーでした。このアニメが大ヒットしたことによって、第二次世界大戦をそのままモデルにした作品でも違和感なく受け入れられるという証明もされました。

――第二次世界大戦当時の国家を擬人化したマンガ「Axis powers ヘタリア」の単行本が出版されたのも2008 年ですね。

浅井:それまでアニメやゲーム業界では、若い人は第二次世界大戦なんて古臭くて嫌いなんじゃないかと言われていたようです。実際は逆で、時間が経ったことで第二次世界大戦を、従来のイデオロギーに関係なく客観的に見られる若い人が増えていると感じます。1970〜80年代だったら、直接、第二次大戦を想起させるようなアプローチは難しかったと思います。

 ミリタリー好きにとって第二次世界大戦は避けて通れない基本にして王道のジャンル。実際、1970〜80 年代でも「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」のように第二次世界大戦をモチーフにしたSFアニメ が大ヒットしました。1990 年代になりますが、「新世紀エヴァンゲリオン」でも登場人物の名前は綾波、惣流(蒼龍)、葛城、赤木(赤城)など日本海軍の艦艇の名前から取られています。制作する側に第二次大戦のミリタリー好きが多かった。第二次世界大戦は、それこそ「ガンダム」の「一年戦争」のようなものなのです。

 ここ数年で、SF やロボットの形を取らずに第二次世界大戦をモデルとしたアニメやゲームなどが多く発表されるようになってきました。それに、最近は世界情勢が変化して軍事の話題が身近になりました。中国の軍拡についてよくニュースでも耳にしますし、災害救助などでの自衛隊の活躍も身近な話題になっています。

――中国といえば、ウクライナから古い軍艦を買ったことがニュースになっていましたね。

浅井:航空母艦の「ヴァリャーグ」が中国に買われて「遼寧」に衣替えした話ですね。「MC☆あくしず」では、ウクライナの美少女がチャイナドレスを着るという擬人化イラストを載せています(笑)。

――擬人化が止まらないですね。

浅井:どの兵器を擬人化しようとも基本的には誰にもお金を払う必要がない、版権フリーだということも大きいですね。同じように版権フリーの戦国時代や三国志の武将は何度もゲームになっていて脚色も大胆です。また、有名な歴史の一部ですから元ネタがある程度知られていることで、受け手にも親しみやすいというメリットもあります。

――萌えミリタリーはもっぱら男性がお客さんなのでしょうか?

浅井:艦これの場合は女性のユーザーも少なくないと聞きますね。二次創作の人気が高く、かわいいコスプレができるという点でも女性をひきつけているようです。それでも、メインターゲットは男性だと思います。

 女性の場合、兵器の擬人化というと完全に人間化した擬人化、たとえば戦艦「大和」なら普通に日本海軍の軍服を着た長身のイケメンにする、といった傾向が強いです。砲塔などのメカが付いてないことが多いんですよ。零式艦上戦闘機を擬人化するにしても、日本海軍のパイロットの格好をさせるだけでプロペラや主翼はつけない。男性はメカも女の子も好きなので、「カレーも牛丼も一緒に食べたい!」というように女の子とメカを一緒にするのかもしれません。

●浅井太輔(あさい だいすけ)イカロス出版株式会社の季刊誌『MC☆あくしず』、『ミリタリー・クラシックス』副編集長。2005 年出版の『萌えよ! 戦車学校』をはじめ美少女とミリタリーを組み合わせたコンセプトの書籍の編集に数多くたずさわる。2006 年創刊の『MC☆あくしず』は萌えミリタリー雑誌の草分け的存在で、立ち上げから一貫して関わる。好きな艦娘は「神通」と「陸奥」。