『雪見だいふく』パッケージが毎年恒例“縁起物”バージョンに衣替え

写真拡大

ロッテの人気アイス『雪見だいふく』が、恒例の“縁起物”パッケージに衣替えしています。

この『雪見だいふく』そもそも冬期メインの商品ですが、さらに12月下旬頃からのわずかな期間、「だいふく」の「ふく」の字だけを大きくした縁起物パッケージが流通するそうです。

この伝統は2006年に開始され、今年で8回目。また毎年「ふく」の字は徐々に大きくなっており、今年は通常比130%の大きさだそうですよ。
もしお店で見かけたら、新年最初の縁起物として手にしてみるのもいいかもしれないですね。

ちなみにアイス評論家のアイスマン福留さんは、この縁起物にあやかって冬場限定で自身の名刺の「福」の字を大きくしたものを使っているそうです……。

【関連:簡単手品でHKT48にあえるって?ロッテのスペシャルキャンペーンに参加してみた】

yukimidaifuku

参考・引用:
ロッテ『雪見だいふく』