初音ミクは「次元の壁をこえる」か

写真拡大

明治大学米沢嘉博記念図書館(東京・千代田区)は2014年1月31日から6月1日まで、「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱」展をおこなう。

ボーカロイド・初音ミクを取り巻くムーブメントの中でも、コンピュータの中から次元をこえて「初音ミクを実体化させたい」「架空のキャラクターに"会いたい"」という夢に挑戦した人々の創意と技術の現在、そして情熱に焦点を合わせた企画だ。

関連作品やコスプレ写真も募集

「時にそれは技術の最先端を注ぎ込んだものであり、時に手業の粋を凝らした造形物であり、あるいはSF のようなファンタスティックなアイディアに満ち溢れています」(同館)

展示品は、初音ミク ソフトウェア、音楽CD・関連書籍など、ガレージキット、商用フィギュア・ドール・ぬいぐるみ等のほか、みさいる氏作「等身大初音ミクロボット1号機」、にくきゅうっ氏作「巨大はちゅねミク張り子」(米子市所蔵)、筑波大SRSIV作「電飾ウェディング初音ミク 衣装」など。このほか、アミッド・スクリーン、ポリッド・スクリーン、Oculus Rift、3Dプリンター、MMDAgentといった各種技術・ソフトウェアのデモの展示もおこなう。

また、14年3月31日まで自作の「初音ミク」関連作品やコスプレ写真も募集。会期中、作品は会場内に設置された初音ミクの「祭壇」に飾られ、コスプレ写真はスライドショーとして上映される。

毎週火・水・木曜休館。詳細や応募は公式サイトから。