3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』

写真拡大

[シネママニエラ]「ドラえもん」史上初の3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』において、作品完成までを見守る著名人10名が集結することが明らかになった。

2014年8月の同作公開に先駆けて、未完成試写会を3回に渡って実施し、それら一般には見せることのない未完成映像(メイキング含む)を鑑賞し、作品の印象を率直に自身の言葉で語るというもの。題して「10人の子ども経験者(あいうえお順)」の構成は、秋元康(作詞家)、大久保佳代子(タレント)、黒柳徹子(女優)、小山薫堂(放送作家)、田村淳(タレント)、豊田章男(トヨタ自動車 社長)、羽鳥慎一(フリーアナウンサー)、前田敦子(女優)、森永卓郎(経済アナリスト)、ローラ(タレント)という各界を代表する10名。

未完成試写会の仕掛け人である佐々木宏・クリエイティブディレクターは、企画の経緯を「制作途中のものを観せていただき、とても面白かったんです。よくある完成披露試写会直後の口を揃えての大絶賛コールCMは好きじゃないので、こういう通常なら観ることのできない、まだ全然できていない段階の映像制作の舞台裏を観てコメントを頂くのはどうだろう?って。いろんな立場の方に、未完成の段階から映像が出来上がっていくのを、最後まで付き合って観て頂きたい」と述べている。

このほど第1回目となる未完成試写会が実施され、約6分間のメイキング映像を鑑賞し、各自コメントを発表した。

・秋元康(作詞家)
周りがもっと刺激をとか、もっと奇をてらったことをやってるときに、ドラえもんがラブストーリーという一番わかりやすい物語に戻っているのはすごく面白いなと思いましたね。望みがいろいろ叶うのに、ドラえもんでもコントロールできなかったことが、その人間の心なんだとかいう意味では、すごく面白い。また、ひとりの女性としての生き方として、しずかちゃんタイプかどうかっていうのが飲み屋で語られるようになると思うんですよね。いろんな意味で、相当クオリティー高い作品です。

日本公開=2014年夏
配給=東宝
公式サイト=http://doraemon-3d.com
c2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会

こちらのドラえもん史上初3DCGアニメ映画に10名のご意見番が! 各コメントの続きはシネママニエラにて

南樹里のシネママニエラ