『バトルフィールド4』中国で発売禁止―中国政府「文化的侵略」であると強く非難

写真拡大

日本では2013年11月7日に発売された、エレクトロニック・アーツの『バトルフィールド4』が中国で発売禁止になったと海外メディアが報じています。

今回の発売禁止令をうけ、中国国内ではダウンロードコンテンツ、記事、インターネット検索にいたるまで全てが検閲対象となり削除されたそうです。なお、今回の件について中国政府は「文化的侵略」であると強く非難していると伝えています。

『バトルフィールド4』には、中国海軍の過激派チャン提督がクーデターを計画し、政府転覆を狙うというストーリーが含まれています。

【関連:中国で出版中止のライトノベル『ノーゲーム・ノーライフ』4月アニメ化】


参考・引用:
バトルフィールド 4:China Rising トレーラー
Beijing bans Battlefield 4: China Rising for ‘cultural aggression’