写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今回で85回目を迎える世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット85」(コミケ)が、12月29日〜31日までの3日間の日程で東京ビッグサイトにて開幕した。

コミケは、多くの漫画・アニメ・ゲームなどの愛好家(サークル)が自主制作したマンガやゲームなどの作品を頒布する夏と冬の年2回開催する同人即売会。初日の29日は18万人が参加し、昨年と比べて1万人増。初日は、女性ファンも多い『進撃の巨人』や『黒子のバスケ』といった作品の二次創作物の頒布を行うサークルが出展がかたまっていたこともあり、女性参加者の姿が多く見られた。企業ブースでは、マイクロソフトやGMOインターネットなどのアニメやゲームのコンテンツホルダーではない一般企業も参加。

また、二次創作などについて厳しい言われているウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが新作映画『エンダーのゲーム』のプロモーションのためにブースを出展するなど、新しい動きを予感させている。例年通り、企業ブースではアニメやゲームなどのグッズを購入するための待機列が作られており、人気の企業では開場直後から並んで閉会間際にようやく購入できるといったグッズもあったという。

同人誌とともにコミックマーケットの名物となっているアニメやゲームのキャラクターの格好をするコスプレ。今回は、今年の夏以降人気急上昇中のブラウザゲーム『艦隊これくしょん』や主題歌を歌うLinked Horizonが紅白出場を決めた『進撃の巨人』といった作品のコスプレをする人が非常に多かった。

(トランジスタ)