ハスラー X

写真拡大

スズキは2014年1月8日、軽ワゴンタイプの乗用車とSUV(スポーツ用多目的車)を融合させた新型軽乗用車「ハスラー」を発売する。メーカー希望小売価格は104万8950円〜157万6050円。

次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を採用

軽ワゴンと同等の広い室内空間と、ワンランク上のラフロード走破性を両立したパッケージングに加え、個性的なSUVテイストのデザインと豊富な車体色、普段の街乗りからアウトドアまで使い勝手に優れた機能・装備が特長。

JC08モード燃費は、減速エネルギー回生機構「エネチャージ」をはじめとする次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を採用するなどし、NA(自然吸気)エンジン2WD CVT車で29.2キロ、ターボエンジン2WD CVT車で26.8キロを実現した。

4WD CVT車には、急な坂を下る際に速度を時速約7キロに維持する「ヒルディセントコントロール」と、雪道などの滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」を取り入れた。また、レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]や誤発進抑制機能などの安全技術も搭載する。