男女ともに乗りやすいデザイン

写真拡大

パナソニックサイクルテックは、幼児2人同乗対応電動アシスト自転車「ギュット・ミニ・DX」を2014年2月上旬に発売する。

子どもの乗せおろしがしやすい

「ギュット」シリーズは、安全性を重視した低重心設計や、ポップなカラーバリエーションなどデザイン性の高さで人気の子供乗せ自転車。

今回発売する「ギュット・ミニ・DX」 は細く、直線的なフレームに加え、従来品より約1.25倍広くなったタイヤ幅が、よりスタイリッシュなデザインを印象付ける。

フレームカラーも従来の5色から8色に増え、夫婦で共有しやすいデザインになった。

チャイルドシートには初めて巻き取り式リールベルトを用い、シートベルトの装着が簡単にできる。従来品より、前チャイルドシートのサイドの高さを約51ミリ、後ろチャイルドシートを装着するキャリヤの高さを約33ミリ低くすることで、子どもの乗せおろしがしやすくなった。

独自開発のスピードセンサーを前車輪のハブケース内に搭載したので、車輪止めに接触するリスクが少ない。変形や破損を防ぐとともに、スムーズな駐輪を実現した。

希望小売価格は13万6000円(税抜)。