写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●2013年は単行本と電子書籍の同時発売が増えた年
電子書籍共通配信プラットフォームを提供するブックリスタは、自社がプラットフォーム提供する2つの電子書籍ストア「Reader Store」「ブックパス」にて、2013年にもっとも売れた電子書籍の「ブックリスタ年間ランキング2013」を発表した。

2013年は、単行本と電子書籍が同時発売されることも増え、電子書籍で発表される作品からヒットが生まれるという傾向が見え始めた。今回の年間ランキングで総合1位を獲得したのは、歴史的大ヒットとなったTVドラマ『半沢直樹』の続編にあたるシリーズ3作目『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤・著)。本作は、ドラマ最終回(原作では2作目の『オレたち花のバブル組』)で衝撃の出向となった半沢直樹のその後を描いた物語。新興IT企業のM&Aによる知力を尽くした買収と防衛に、親会社銀行vs.証券子会社という図式が絡まり、シリーズ最高傑作の呼び声が高い一作。8月に配信が開始されて以来、常に上位にランクインし続け、年間ランキング総合1位となった。

2位は、2013年4月に新垣結衣主演でTVドラマ化された『空飛ぶ広報室』(有川浩・著)。飛べなくなった元パイロットと、報道から外されてしまったテレビ局の元記者が、互いに成長していく姿を描いた有川浩渾身のお仕事小説。3位は、2013年11月に劇場映画が公開されたばかりの『清須会議』(三谷幸喜・著)。日本史上初めて"会議"によって歴史が動いたとされる「清須会議」を舞台に、織田家重臣たちが策略を巡らせる様子を「現代語訳」のモノローグで綴った物語となる。

以下、4位『オレたちバブル入行組』(池井戸潤・著)、5位『オレたち花のバブル組』(池井戸潤・著)と半沢直樹シリーズが続き、6位〜10位はすべて『進撃の巨人』(諫山創・著)。総合ランキングは、10位までの作品すべてが2013年に映画・ドラマ・アニメ化された原作、もしくはその続編という結果になった。

また、電子書籍で楽しめる作品のジャンルが拡がったことで、今年のランキングは「雑誌部門」と「デジタルファースト部門」が新設された。「雑誌部門」では、12月号に村上春樹の新作短編が掲載されて話題になった『文藝春秋』が、「デジタルファースト部門」では、好評につき第二部の配信が決定している『旅者の歌 第一部』がそれぞれ第1位を獲得している。

さて次のページでは、今回の「ブックリスタ年間ランキング2013」の中で、マイナビニュース的オススメの作品を挙げていきたい。……続きを読む

(C)池井戸潤/ダイヤモンド社

●2014年も『進撃の巨人』の快進撃が続く!?
○進撃の巨人

まずは「コミック部門」で第1位を獲得、「総合ランキング」でも6〜10位を独占し、あえて取り上げる必要もないと思うが『進撃の巨人』を改めて推したい。本作は、人類が巨人の餌と化した世界で、それに抗おうとする人類と巨人の戦いを描いた物語。特に2013年は4月〜9月までTVアニメが放送され、爆発的なヒットを見せることになった。残酷なシーンも多く登場する物語なのだが、調査兵団の兵士長リヴァイのキャラクターが女子に対してブレイクし、男女問わずに楽しめる作品になったことがヒットの要因として挙げられるだろう。2015年には樋口真嗣監督による実写映画化が発表されており、TVアニメも第2期のスタートが待ち焦がれている状況で、2014年もこの快進撃が続くと予想される。

○万能鑑定士Qの事件簿

続いては「小説部門」で第3位にランクインしている『万能鑑定士Qの事件簿』(松岡圭祐・著)。「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」がキャッチフレーズの人気ミステリーシリーズ。主人公の凜田莉子が豊富な知識とロジカルシンキングで、さまざまな謎を鮮やかに解き明かしていく。「謎の力士シール」や「モナリザの瞳の数字」など、一時ネットなどで噂になった話題が物語の中に織り込まれているのが特徴で、最後まで予測のつかないストーリー展開が魅力のひとつとなっている。現在、第一部『事件簿』シリーズが全12巻、第二部『推理劇』シリーズが全4巻、短編集や姉妹篇『特等添乗員αの難事件』シリーズも含めて数多くのシリーズが生み出されている。2014年夏には、綾瀬はるか・松坂桃李主演で実写映画化が予定されており、今後注目の1冊としたい。

○ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)

ラストは「ライトノベル部門」で第9位にランクインしている『ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)』(笹本祐一・著)。本書は、女子高生の茉莉香が、死んだ父親の跡を継いで海賊船・弁天丸の船長に就任し、高校生活と掛け持ちをしながら宇宙で冒険を繰り広げる痛快スペース・オペラである(現在第9巻)。2012年1〜6月まで『モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)』のタイトルでTVアニメ化されており、2014年2月22日に劇場アニメ『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』が公開される。著者の作品は、明るいライトなキャラクターと硬派で現実味のあるSF描写が入り混じった作風が人気で、小説以外にも宇宙開発現場を取材したエッセイ『宇宙へのパスポート』シリーズも執筆している。ライトノベルと侮るなかれ、非常に楽しめるエンタメ要素が詰まっている作品である。

(C)池井戸潤/ダイヤモンド社

(はらだともや)