「SR400」(ダークグレーイッシュレッドメタリック3)

写真拡大

ヤマハ発動機は2014年1月20日、1978年に初代モデルが登場したロングセラーモデル「SR400」のグラフィックなどを変更、新色を設定し、2014年モデルとして発売する。メーカー希望小売価格は53万5500円。

「SR Since1978」の金属調エンブレムも

2014年モデルでは、ヤマハブラック(ブラック)、ニューパールホワイト(ホワイト)に加え、落ち着きとエレガントをイメージさせる新色「ダークグレーイッシュレッドメタリック3」(マルーン)を設定した。

燃料残量警告灯付きのメーターパネルは、クロームメッキ仕上げのボディーに、クラシカルなムードの黒色文字盤を配置。正規のキー以外では電気回路が働かず、始動を困難にして盗難を抑止するイモビライザーを装備する。

また、タンクとリアカウルには、シンプルな2本ストライプのグラフィックを採用。サイドカバーには、金属の質感を強調した立体樹脂エンブレムを備える。SRロゴとともに、誕生した年を象徴的に表現した「SINCE1978」を組み合わせた。