東出昌大、未熟な演技でも女性が萌えまくるワケ
「ドラマの当たり年」とも言われた2013年。さまざまな俳優たちが世間を賑わせていました。なかでも、女性のハートを鷲掴みにした俳優のひとりといえば東出昌大さんでしょう!

 2012年にモデルを辞め俳優デビュー。そして今年は男優としては珍しい、『あまちゃん』『ごちそうさん』(NHK系)と連続テレビ小説に2作連続出演。

 ORICON STYLEが調査した『今年最もブレイクしたと思う俳優(男優)』では4位にランクイン! 俳優歴わずか2年足らずだとは思えない快進撃です。

 特に女性からの支持が多く、彼が『ごちそうさん』で演じる悠太郎は、『あまちゃん』のミズタクに続く萌えキャラとしても人気が高まっています。

 しかし、肝心の演技面では『棒読み』『関西弁に無理がある』など、厳しい声があがっているのもまた事実。でも、そんなに『演技がイマイチ』と認識されながらもファンが絶えないというのは、むしろ珍しいのでは? 

 そこで、東出さんに多くの女性が虜になる理由や業界人からみた魅力などを、数多くの雑誌に連載を持つオネェ系映画ライターのよしひろまさみちさんに教えていただきました。

◆年上キラーな存在感 “無敵俳優”に化ける可能性も

――世の女性を虜にしている東出さんですが、普段の彼はどんな印象ですか?

「私は残念ながらまだお会いしたことはないんですが、実際に取材した人曰く“素顔が可愛い”と評判です。年上女性のツボを心得ているのではないでしょうか。『ごちそうさん』で見せる役の、女系家族のなかで年上オンナに調教されている雰囲気がそのまま反映されてる感じ。たまらなく愛おしいわ。

 個人的には、韓流スターにも似た目鼻立ちくっきりなルックスと透明感のある肌や清潔感が、年上のアラフォー女子には堪らないのではと思ってます。普段は無骨でちょっと頼りない雰囲気なのに、役の中でたまに見せる“THE・男”な瞬間に私も萌え萌えです」

――業界内の女性人気も高いのですね。一方で、演技に対する厳しい意見も耳にしますが。

「確かに上手とは言えませんが、まだまだイマイチで不思議はないでしょ。だって、モデル出身でほかの役者さんと比べても演技経験が浅いんだもの。偶然にも『ごちそうさん』で共演している杏ちゃんも、モデルから女優に転身した人。杏ちゃんの女優としての成長ぶりをみていると、彼女と同じステップを踏んでいる東出くんの未来予想図も期待してしまいますわ」

――秘められた役者としてのポテンシャルをもっと引き出せるはず、ということでしょうか。

「これからではありますが、『ごちそうさん』での成長は必ず以降の彼のキャリアに活かせると思います。そもそも『桐島、部活やめるってよ』のときから、演技が初心者にも関わらず、爽やかさとかわいさが際立っていてとても魅力的でした。今後経験を積んで演技力をつけていったら、けっこうな無敵俳優になれそうな気がします」

――では、『ごちそうさん』でファンになった人が次にチェックすべき作品はどれでしょうか?

「もちろん彼の俳優デビュー映画『桐島、部活やめるってよ』です。あのときの東出くんはまだまだ未熟でしたが、本当に存在感だけで華があります。

 2014年公開の映画『クローズEXPLODE』にも期待を込めたいのですが、個人的には“いきなりヤンキー役か……”というショックがぬぐいきれません。

 しばらくは現状のようなお清楚な役をやってほしかった。じっくり経験を積んでから、ヤンキー役のような新天地に飛び出してもよかったのではないでしょうか、と。ただ、彼ももう大人ですし、年齢を考慮すると最後の学ラン姿になるのかしら」

 確かに、『ごちそうさん』の無骨な好青年から『クローズEXPLODE』で睨みをきかせるヤンキーって180度違いますよね。でもそんなワイルドな東出さんもまたいい……ていうか、めちゃくちゃカッコイイです! どっちの東出さんがタイプ?なんて話で盛り上がりそうですね。 <TEXT/そらこ>