写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日清食品ホールディングスはこのほど、インスタントラーメン発祥の地である大阪府池田市の「インスタントラーメン発明記念館」が20日、累計来館者数5,000,000人を達成したことを発表した。

○「ご来館者500万人達成記念 ひよこちゃんタワー」も登場

同記念館は、インスタントラーメンの発明者で日清食品創業者の安藤百福(あんどうももふく) が抱いていた、「子供たちに発明・発見の大切さを伝えたい」という思いに基づき、1999年11月に開館。世界で年間100,000,000,000食以上が消費されるまでになった国際食「インスタントラーメン」誕生の歴史やベンチャーマインドなどを、楽しみながら学ぶことができる体験型食育施設。

来館者数は毎年増加しており、2012年度には年間600,000人以上が来館。学校団体の授業や全国各地からの修学旅行など学校教育での利用も多いほか、近年は海外からの来館者も増えているという。

記念すべき5,000,000人目の来館者は、大阪市住吉区の村田設美(むらたせつみ)さん。当日は家族の葵(あおい)ちゃんと2人で来館した。記念セレモニーでは、同社代表取締役社長・CEOの安藤宏基氏から、記念品の「ひよこちゃんジャンボぬいぐるみ」「カップヌードル1年分」の目録などが贈られた。

また館内1Fロビーには、高さ2.6mのタワーにチキンラーメンのキャラクターである「ひよこちゃん」のぬいぐるみ500体を飾った「ご来館者500万人達成記念 ひよこちゃんタワー」が登場。村田さんを加えたセレモニーの出席者全員により除幕式が行わた。村田さんは「朝、雪が積もっていて、来るかどうか悩みましたが、チキンラーメンファクトリーはなかなか予約が取れないので来ました。まさか5,000,000人目なんてうれしいです」と喜びを語っていた。

同館の場所は大阪府池田市満寿美町8-25。開館時間は9時30分〜16時(入館は15時30分まで)。休館日は火曜日(祝日の場合は翌日休館)、年末年始。入場無料。「ひよこちゃんタワー」の展示期間は2014年1月末まで。

(エボル)