好評「無印良品の福缶」2014年は西日本の縁起物も缶詰に

写真拡大

 無印良品が、昔から親しまれている手づくりの縁起物を詰め込んだ「福缶」を2014年1月1日から数量限定で販売する。缶の中の縁起物は、初回から続く東北をはじめ今回初めて西日本からも選定。春節にあわせて、中国での発売も予定している。

2014年正月の無印良品「福缶」の画像を拡大

 実質無料の「福缶」は、地域性の面白さを伝える正月限定アイテムとして2012年から販売をスタート。缶の中には、西暦に応じた販売価格と同額分がチャージされた「MUJI GIFT CARD」や地域に結びついた縁起物1種類などが入っている。初回は青森、岩手、宮城、福島の東北4県から14種類の縁起物を選び1万個販売したが、3日間の展開期間中に完売。好評を受けて2013年は、北海道や関東に選定地域を広げ縁起物の種類が2倍に増えたほか、販売店舗を全国直営店はじめ香港や台湾といった海外にも拡大した。2014年元日に発売される「福缶」は、東北、北陸、甲信越、東海地方に根ざした縁起物とオリジナルのマスキングテープも詰められる。価格は2,014円。

■福缶(2014)
 価格:2,014円 
 内容:縁起物、2014円分のMUJI GIFT CARD、リーフレット、オリジナル マスキングテープ
※販売開始日は、各店舗の新年初売り日による 
※なくなり次第終了 
※一部取扱いのない店舗あり