写真提供:マイナビニュース

写真拡大

景勝地「嵐山渓谷」で知られる埼玉県の嵐山町(らんざんまち)。そこで2011年に誕生したグルメが「嵐山辛モツ焼そば」だ。「第9回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦 in 北本」(2011年11月)でも、強豪を押しのけ見事3位に入賞するなど、着々と全国区になっていっている。

○牛ではなく豚のモツを食べる街

地元での盛り上がりもなかなかのもので、嵐山観光協会の公式サイト内には嵐山辛モツ焼きそばの紹介ページが開設され、同商品を提供している店舗10店が紹介されている。ところで、この焼きそばは一体どのような商品なのだろう!?

「もともとこの地方では、豚のモツを食べる文化があったんです」。解説してくれたのは、「満腹ラーメン三宝」店主の三宮(さんぐう)清さんだ。この地域一帯では古くから、モツ丼やモツ煮、ホルモン焼などが普通に食べられていたという。

○17のスパイスで作る激辛ホルモン

中でも有名なのが、「ねぎし精肉店」のオリジナルブレンド味噌で作った激辛ホルモンだった。「これを使って観光協会主導でご当地グルメを作ろうということになったわけです」。この激辛ホルモンは17種類のスパイスを使って、「超辛くチョー美味しく」をコンセプトに味付けされているという。そして、やっぱりB級グルメといえば焼きそばでしょ?ということで、試行錯誤を繰り返し「嵐山辛モツ焼そば」は完成したのだった。

三宝が提供する「辛モツ焼そば」は650円。アツアツできたてを食べると、まず辛モツから染みだした辛味噌のスパイシーさが口の中に広がる。それでいてキャベツやもやし、にら、ニンジンなど野菜もたっぷり。ついつい箸が進むのも、モツの脂がじわっとコクを深めているから。

そのままいただくのはもちろん、ご飯のおかずにもぴったり。もちろん「ビールのつまみに注文する人も多いですよ」とは三宮さん。なるほどこりゃ病みつきになりそうな魅力がある。聞けば、提供開始から数年で、地元にもかなり定着したようだ。「ご当地グルメ好きな観光客の人もよく食べに来ますね」とは店主のコメント。

●infomation
満腹ラーメン三宝
嵐山町川島2315-7

○食べやすくてかわいい焼きそばパン

一方でユニークな品も開発されている。ベーカリーの「ブーランジェリー ポネット」では何と、「嵐山辛モツ焼そばパン」を販売しているという。

「もともと自分の手でご当地グルメを作ってみたかったんです」と言うのは、オーナーの田中良(まこと)さん。東京のベーカリーに勤務していた時に、B-1で優勝した「甲府鳥もつ煮」のフィーバーを目の当たりにしたことが、思いに拍車をかけたという。地元・嵐山に帰ってベーカリーを開いた田中さんにとって、 地元での辛モツ焼そばのブームはまさに待望の動きだったのだ。

最初はいわゆる焼きそばパンのようにドッグパンに挟んでいたが、「焼そばがポロポロこぼれたりして食べづらかったんです。それで、おやきのように焼きそばを生地で包んで、焼き上げました」。そうして完成した「嵐山辛モツ焼そばパン」(200円)は、かわいくて片手でも食べられると女性に大人気だ。

食べてみると、辛さの中に確かに存在するまろやかさが絶妙な味わいだ。この味は?と聞くと、「実は、地元ファームの卵で作ったこだわりのマヨネーズが隠し味になっているんです」と田中さん。なるほどマヨネーズか。道理でパンと見事にマッチしているわけだ。それに生地で包み込んであるから、焼きそばの風味やうまみが外に逃げることもない。ちなみに、「温めて食べた方がおいしいという人と、冷たいままで食べた方がおいしいと言う人の両方いらっしゃいますね」とのこと。

●infomation
ブーランジェリー ポネット
嵐山町菅谷578-5

○あえて牛、野菜も多めの理由とは?

さて、焼きそばといったら、やっぱりお好み焼き店が専門のスジだろう。「YOU」で食べられる「嵐山辛モツ焼きそば」は680円。鉄板でじゅうじゅう焼いてくれて、その香ばしさだけで食欲全開だ。

ビール片手に待つこと数分、「おまたせ」と出てきた焼きそばにかぶりついた。味噌と塩で味付けされてパンチがきいてうまい! そしてこのプリプリの牛ホルモンが最高なのだ。ん!?牛ホルモン!? 豚モツじゃないのか!?

「ああ、私がここの出身じゃないからね。もう適当にアレンジしちゃっているのね、ハハハ」。あっけらかんとそう笑うのは、店主の杉田静枝さん。辛さもこの店では控えめだそうだ。「うちでは野菜が多めに入っているよ。ねぎ、しめじ、しいたけ、キャベツ。ヘルシーでしょ?」さすがは女性目線。牛ホルモンのコラーゲンもお肌をツヤツヤにしてくれそうだ。

●infomation
お好み焼き YOU
嵐山町むさし台2-34-3

残念ながら紅葉のシーズンは終わってしまったが、この「嵐山辛モツ焼そば」を目当てに嵐山をわざわざ訪れる客も多いという。チャンスがあれば、是非埼玉の嵐山でハインキングがてら、絶品の辛モツ焼きそばを堪能してほしい。

(OFFICE-SANGA)