写真提供:マイナビニュース

写真拡大

関西国際空港は12月26日、新たにLCCターミナルビル「第3ターミナルビル(T3)」を整備し、LCCターミナルビルの拡張を実施することを発表した。

○2016年下期に併用を開始予定

同空港では現在、LCCが国際線で9社週140便、国内線で2社1日28便が運航しており、日本最大のLCC乗入れ空港となっている。

2012年10月に供用を開始した第2ターミナルビル(T2)は、年間処理能力は400万人とされている。LCCのニーズは高まり、近い将来、T2の処理能力には限界が生じると予測されることから、成長著しいアジアの需要を取り込んでいけるよう、T3の整備を決定した。

新ターミナルビル(T3)は関西国際空港2期空港島に整備。一部2階建ての平屋建てで、総面積は約3万3,000平方メートルを予定している。新ターミナルビルとともに基本施設(駐機場・スポットなど)も整備し、6スポットを新設。中大型機にも対応し、小型機であれば、11機まで対応が可能であるとしている。

基本施設は2015年中に併用開始(予定)。新ターミナルビル(T3)は、2016年下期に併用開始を予定している。

(フォルサ)