写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電子書店パピレスの運営するマルチデバイス対応電子書籍サイト「電子貸本Renta!」は、2013年のジャンル別電子書籍売り上げランキングを発表した。

「電子貸本Renta!」では、PCに加えて、各種スマートフォンおよびタブレット端末からの売り上げを順調に伸ばし、売上冊数が1万冊を上回る作品が数多く見受けられた。今回ランキングに入っている作品の中には、売上冊数3万冊を超える作品もあったという。発表された売り上げランキングは以下の通り。

○少女漫画売り上げランキング

1位:月刊少女野崎くん(椿いづみ・著)
2位:江の島ワイキキ食堂(岡井ハルコ・著)
3位:桃色リップスティック(長江朋美・著)

○少年漫画売り上げランキング

1位:猫絵十兵衛〜御伽草紙〜(永尾まる・著)
2位:東京ラストチカ(みよしふるまち・著)
3位:むすんでひらいて(水瀬マユ・著)

○ヤングレディースコミック売り上げランキング

1位:こぼれるくちづけ(KUJIRA・著)
2位:くらしのいずみ(谷川史子・著)
3位:JOKER(上杉可南子・著)

少女漫画部門では、『このマンガがすごい!2014』(宝島社)の「オンナ編」で11位だった『月刊少女野崎くん』(椿いづみ・著)が1位に。本作は、男子高校生でありながら人気少女漫画家でもある野崎くんの日常を描いた少女漫画家男子コメディ。2位は、賢い猫のオードリーが、看板猫から恋のお手伝いと大活躍する青春ミステリーLOVEファンタジー『江の島ワイキキ食堂』(岡井ハルコ・著)がランクイン。3位は、平和なOL生活を送っていたあゆみが、本社から赴任してきた激コワ所長と秘密で付き合うことになってしまう様を描いた恋愛マンガ『桃色リップスティック』(長江朋美・著)というトップ3に。

少年漫画部門では、累計売上冊数が1万冊を突破した『猫絵十兵衛〜御伽草紙〜』(永尾まる・著)が1位。本作は、鼠除けの「猫絵」を描く絵師・十兵衛とキセルくわえた怪猫・ニタを中心に描かれる人情ドラマ。2位は、明治43年を舞台に、女中として働くことになった津村花を描く『東京ラストチカ』(みよしふるまち・著)。3位は、高校生の恋愛模様をオムニバス形式で描いた学園青春ラブストーリー『むすんでひらいて』(水瀬マユ・著)となった。

そして、ヤングレディースコミック部門では、初めてキスした時のドキドキを忘れてしまった人たちへ送る短編集『こぼれるくちづけ』(KUJIRA・著)が1位に輝いた。表題作の『こぼれるくちづけ』をはじめ、全6話のハートフルなラブストーリーを収めている。2位は、まったりゆったりとした時間をすごす家族たちを描いた『くらしのいずみ』(谷川史子・著)、3位は10代でプロデビューを果たした女流棋士の一花が、小学生の男の子と同棲することになってしまう『JOKER』(上杉可南子・著)がランクインしている。

2013年のランキングから見る傾向として、『江の島ワイキキ食堂』や『東京ラストチカ』など、ユーザーから好評価を得ながらロングセラーとなっている作品が多い結果となった。

「電子貸本Renta!」は「誰でも、手軽に、安価に」電子書籍の閲覧ができるサービス。PCからはもちろん、iPhone・iPad、au・docomo・SoftBankの各種AndroidスマートフォンおよびAndroidタブレットからも書籍閲覧が可能。コミックスや小説、写真集などのコンテンツを「いつでも・どこでも・簡単に・好きな端末で」楽しむことができる。価格設定は、48時間の閲覧100円〜という「時限レンタル方式」と「無期限閲覧方式」の2つを取り入れており、「手軽にちょっと読みたい」というユーザーと「繰り返し何度でも読みたい」というユーザーのニーズに対応している。