写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●今年の応募総数はなんと1万4,000通
「仮面ライダー鎧武」がぼくの家にやってきた――12月25日のクリスマス当日に憧れのヒーローとの対面を果たしたのは、都内に住む保育園児のかずてるくん(6歳)とあきふみくん(1歳)。バンダイの「キャラデコクリスマスキャンペーン!!」に当選したラッキーな兄弟だ。「かっこよかったけど緊張しちゃった」という夢のようなひとときをお伝えしよう。

○クリスマスに鎧武がやってくるってホント?

かずてる君が当選したのは「仮面ライダー鎧武がキミの家にやってくる!? キャラデコキャンペーン!!」。バンダイが毎年行っているクリスマス企画で、仮面ライダーが自宅にやってくるという"プラチナチケット"が目玉。全国の仮面ライダーファンから応募が殺到する名物キャンペーンで、今年の応募総数はなんと1万4,000通。その中から、かずてるくんを含む3人が「仮面ライダー鎧武が自宅にやってくる権利」を手に入れた。

保育園の年長クラスに通うかずてるくんは、自他共に認める熱烈な仮面ライダーファン。2歳のときに見た『仮面ライダーオーズ/000』が最初で、ファン歴はすでに4年。現在は、毎週日曜日朝8:00よりテレビ朝日系で放映されている『仮面ライダー鎧武/ガイム』を見るのが何よりの楽しみで、いまや、弟のあきふみくんはもちろん、お母さんやお父さんまでファンに巻き込んでしまったという。『仮面ライダー』……やはり恐るべし。

「クリスマスに鎧武がうちにくるよ」――かずてるくんが当選のことを知ったのは数日前のこと。最初は信じられなかったようで、何度も「ほんと?」と聞いてきたそうだが、本当の話だとわかると「どうしたら仮面ライダー鎧武が喜んでくれるかな」と知恵を絞り、リビングの棚に仮面ライダーのアイテムや写真を飾ったり、主題歌のCDを飾ったりと奮闘。なにげなく置いてあるクリスマスツリーのオーナメントも……なるほど、やっぱり『ロックシード』でした(笑)。

○迫力満点のヒーローにちょっと緊張!

「ガイムだいすき」と書かれたウェルカムボードの前に立ったかずてるくん、準備は万端。この朝「サンタさん」からもらったという『仮面ライダー鎧武 変身ベルト DX戦極ドライバー』をガシッと装着し、ご機嫌で"そのとき"を待っている。

最初に登場したのは、MC役の女性。「ふたりがとってもいい子なので紘汰くんからのメッセージを預かってきたよ」。手渡されたDVDを受け取り、デッキに入れると……。

「かずてるくん、あきふみくん、メリークリスマス!」。なんと「仮面ライダー鎧武」に変身する主人公・葛葉紘汰がふたりに呼びかけている。さらに、仮面ライダーバロンの駆紋戒斗や、仮面ライダー龍玄の呉島光実も登場する豪華なメッセージDVDに、かずてるくんは大喜び。そりゃあ喜びますよね!

メッセージの最後では、葛葉紘汰が「いまからオレが変身して行くから待っててくれよな」と登場を予告。変身音とともに「花道、オンステージ!」が響き渡りドアが開くと……おおっ、いつの間に! そこには「仮面ライダー鎧武」が!……続きを読む

(C)2013 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

●仮面ライダーグッズが次々と……プレゼントの山に大感激!

リビングに入ってきたヒーローは、テレビで見るよりもずっと大きく感じられて、大人でもその迫力に圧倒されることは間違いない……さすがのヒーローの存在感に、最初は後ずさりしてしまったかずてるくん。握手したり、一緒にポーズを決めるうちに少しずつ緊張は解け、大好きなヒーローとの時間を楽しめるようになっていった。

○仮面ライダーグッズが次々と……プレゼントの山に大感激!

かずてるくんに調子が出てきたところで、プレゼント攻勢のスタート。クリスマスケーキからはじまり、ジップアップパーカー、人気のラジコン『赤外線コントロール 仮面ライダー鎧武 サクラハリケーン』、キャラクターお菓子、ロックシードのセット……次から次と出てくるプレゼントには、かずてるくんもご家族もびっくり! 弟のあきふみくんもプレゼントを手ににっこりだ。

楽しい時間はあっという間。お別れの時間が近づいてきた。もう一度記念撮影したところで、最後はてるあきくんからのサプライズ。がんばって書いた手紙をはにかみながら手渡すと、もう一度握手をガッチリ交わして別れを惜しんでいる。「ガイムまたね〜」。最後は家族みんなで手を振り送り出した。

プレゼントに囲まれて余韻に浸っているかずてるくん。感想を聞くと、「楽しかったけど、恥ずかしかった」という。仮面ライダー鎧武については「(思ったより)大きくて、すごくかっこよかった」そう。大好きな仮面ライダー鎧武と過ごしたクリスマスの思い出。てるあきくんのとっておきの宝物になることは間違いないでしょうね。

(C)2013 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(金子えみ)