千葉県は、浮世絵にも描かれた「海越しの富士」や美しい「ダイヤモンド富士」が見られるスポットなど、県と富士山との関わりを積極的に発掘し広く発信するため「新❤発見チバ×Mt.Fujiキャンペーン」を実施する。

県立中央博物館では、2014年1月5日〜2月9日まで、新春トピックス展「房総ゆかりの富士山」を開催。浮世絵や文献に描かれている房総から見た富士山を公開するほか、シンポジウム「房総から望む富士山の自然と文化」を実施する。

また、千葉県立中央図書館では、富士山をはじめとした世界遺産に関する図書・写真・映像資料や、子どもたちが制作したちぎり絵・巨大4コマ漫画などの展示のほか、写真展や講演会を行う「世界遺産〜富士山から遺産めぐりの旅〜」を、1月7日〜2月16日まで開催するという。

なお、同県公式ホームページでは、県内の富士見スポット(も紹介している。