写真提供:マイナビニュース

写真拡大

阪急不動産は、住まいづくりへの想いを消費者により一層伝えるため、2014年より新築分譲マンションブランドと、書家・紫舟氏をコラボレーションしたテレビCMや新ブランドビジュアル、および「5つの約束。」を展開する。

新テレビCMでは、監督に現在公開中の映画「利休にたずねよ」を制作した田中光敏氏を起用。紫舟氏の書に対する姿勢と、品と質を大切にした同社の住まいづくり・街づくりへの想いが重なり合う内容となっている。また、和と洋が調和したファッションブランド「araisara」の衣装を紫舟氏が纏うことで「品と質」を表現しているという。

テレビCMは、2014年1月1日より関西テレビ(〜1月19日)、毎日放送(〜1月14日)、テレビ大阪(〜1月10日)にて、また2月1日〜14日に朝日放送、読売テレビにて放送予定。2014年1月6日より公式ホームページ(でも紫舟氏出演のCMを配信するとのこと。

また、「5つの約束。」では、同ブランドのものづくりに対する考え方を、よりわかりやすく伝えていくことを目的に、「お客様目線」、「永住志向」、「街づくり発想」、「暮らし提案」、「地域貢献」の5項目についてまとめている。