20歳で貯めたい金額は30万以上が約半数、でも現実は…

写真拡大

インテリジェンスが運営する求人情報サービス「an」は、アルバイト経験のある18〜24歳までの男女1,000人(10代250人、20代750人)を対象に20歳時点のアルバイトなどについてアンケートを実施した。

■約7割の10代が「20歳になったらやりたいバイトがある」

20歳になったらやりたいバイトについて10代の69.6%が「ある」と回答。やってみたいバイトとしては、「フード」(10.0%)、「塾講師」(9.6%)、「コンビニ」(7.6%)が人気で、「お酒に関係する仕事」など成人を意識したコメントも見られた。

また、20代に20歳の時に行っていたバイトを聞いたところ、10代とほぼ同じ回答に。時間の融通が利きやすかったり、時給が高かったりなど、学業などと両立しやすい仕事を選ぶ傾向にあるのだと考えられる。

■20歳で貯めていたい貯金額は30万円以上が5割。現実は3割。

10代の46.0%が20歳で貯めていたい貯金額として「30万円以上」と回答。しかし、20代に20歳時点での貯金額を聞くと30万円以上という回答は31.1%にとどまり、理想と現実のギャップが浮き彫りになった。

「20歳になったら頑張りたいこと、20歳の時に頑張ろうと思っていたこと」では、10代の33.2%、20代の26.3%が「勉強」と最も多い回答となり、次いで「貯金」という結果になった。一方で「20歳になったらやりたいこと」では4割が「飲酒」を挙げ、勉強や貯金を頑張りたいものの、飲み会も行きたいなど様々な興味が広がる結果、なかなか貯金ができない若者の姿が浮かび上がる結果となった。