4強が激突!「ラグビー大学選手権」で″5年後のスター″を目撃せよ

写真拡大

■日本ラグビー界・最高峰の舞台、国立での「早明戦」

国立競技場を埋め尽くす大観衆の前で、母校の名誉と誇りをかけ、意地と意地をぶつけて死闘を繰り広げる関東大学対抗戦「早明戦」。1923(大正12)年から続く、日本ラグビー界最高の舞台に立った男たちは、極限状態のなかで自らを高め、男を磨き、真のラガーマンへと成長していく。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

伝統の一戦を経て、日本ラグビーのリーダーとなった男たちは語る(『国立をホームにしよう。12.1早明戦 RUGBY MATCH 2013』より)。

「早稲田と明治は切磋琢磨しながら成長してきた」(日比野弘・早稲田大1958年卒)

「早明戦は雰囲気が違うから血が騒ぐ試合になりやすい」(松尾雄治・明治大1976年卒)

「早明戦で壁にぶつかるたび、“可能性はいくらでもある”と感じた」(大西一平・明治大1988年卒)

「早明戦は少年を妄想にかきたてる素晴らしい舞台」(清宮克幸・早稲田大1990年卒)

「早明戦は魂と魂のぶつかり合い、そこには理屈は全く存在しない」(吉田義人・明治大1991年卒)

「早明戦では80分間“死んでもいい”覚悟で戦ってきました」(堀越正己・早稲田大1991年卒)

「早稲田での4年間、自分らしさを再認識させてもらった」(今泉清・早稲田大1991年卒)

「国立競技場の地鳴りのような歓声に、人生観が変わった」(元木由記雄・明治大1994年卒)


そんな先輩たちの言葉を証明するように、2013年12月1日、“国立競技場最後”の早明戦を戦った両チームは、歴史に残る一戦で本領を発揮。その後の大学選手権で躍進するとともに、大学ラグビー全体をレベルアップした。

■今年の大学選手権、王者は果たして……?

3敗で早明戦を迎えたものの、明治大は早明戦で蘇り、早稲田大の猛攻を幾度となく食い止めると伝統の“前へ”を貫徹。試合には負け、対抗戦5位に終わったが、大学選手権第2ステージでは東海大、さらには対抗戦で敗れた慶応大に驚異的な粘りを見せ1点差で勝利。惜しくも勝ち点1点差で準決勝進出を逃したが、選手権を大いに盛り上げた。

一方、早明戦で明治大をノートライに抑えた早稲田大は、攻守ともに安定感を増し、大学選手権第2ステージ3戦3勝、順当に準決勝へ。王者・帝京大を粉砕する準備は整った。

新年1月2日、国立競技場で行われる大学選手権準決勝は早稲田大と、関東リーグ戦1位の流通経済大を撃破し、国立大初の大学日本一を目指す筑波大が対戦。強豪ひしめく死の組を勝ちあがった慶応大と、大学選手権5連覇を目指す帝京大が激突する好カードとなった。

2019年、日本で開催されるラグビーワールドカップは、既に日本代表として活躍している福岡堅樹(筑波大)、藤田慶和(早稲田大)をはじめ、今回ベスト4に残った大学の選手たちが桜のジャージに身を包み、世界を相手に活躍することだろう。

大学選手権準決勝、そして1月12日(日)に行われる決勝を見逃すな! 誰よりも早く、5年後のヒーローを見つけ出せ!

早明両校のOB対談、インタビュー満載のパンフレット『国立をホームにしよう。12.1早明戦 RUGBY MATCH 2013』は、ぴあBOOK SHOP[http://j.mp/1gF5Wby]にて絶賛発売中!

「ラグビー大学選手権」
チケット好評発売中! [http://j.mp/1eI1Q2F]

こちらのレポートもどうぞ!
【ソチ五輪】メダルは誰の手に!? 浅田真央、高橋大輔、高梨沙羅ほか注目選手まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18937 ]
100円ショップだけで揃う! ランニング・マラソンに最適な便利アイテム10選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18775 ]
五輪を目指す国内初の女子ラグビー選手「Rugirl-7」が、『JUMP shoes』でシューズ選び! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16675 ]
あなたのタイプは誰? サッカー界"新旧イケメン選手"の歴史を辿ってみた [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15581 ]