写真提供:マイナビニュース

写真拡大

不動産情報サービスのアットホームは12月12日〜16日の期間、全国のテレビドラマが好きな20〜40代男女600人に、「2013年放送のTVドラマに出てきた「理想の部屋」と「理想の街」調査を実施した。

○1位はリーガルハイ・古美門の部屋

まず、2013年放送のTVドラマの中で最も住んでみたい部屋について聞いたところ、1位は「リーガルハイ」の主人公・古美門研介(堺雅人)の自宅だった。コメントでは、「アンティーク調でおしゃれ」「広くて豪華」といった理由が挙げられた。

2位は「花が飾ってあってきれい」「一般的な家庭の雰囲気が良い」との理由で、「半沢直樹」の主人公・半沢直樹(堺雅人)の自宅となった。3位は「ラスト・シンデレラ」の主人公・遠山桜(篠原涼子)の自宅、4位は「安堂ロイド」の沫嶋黎士(木村拓哉)らが住んでいた部屋、5位は「あまちゃん」の北三陸市の天野家が続いた。

○住んでみたい街1位は「あまちゃん」の街

次に、最も住んでみたい街はどこか尋ねたところ、1位は「あまちゃん」の北三陸市となり、「海がきれい」「自然豊か」「人が優しそう」などの理由があがった。2位は「街並みがおしゃれ」「素敵なお店があって楽しそう」などの理由で、「ラスト・シンデレラ」の主人公・遠山桜(篠原涼子)が住んでいた街だった。

3位は「海が近い」という理由で、「SUMMER NUDE」の主人公・三厨朝日(山下智久)が住んでいた街、僅差で4位は「都会的」「仕事ができそう」との理由で「半沢直樹」の東京転勤後の自宅がある街、5位は「閑静な住宅街」「楽しそう」という理由で「リーガルハイ」の古美門研介が住んでいた街となった。

(フォルサ)