資生堂、水原希子を新年広告に起用

写真拡大

 資生堂が、2014年の新年広告に水原希子を起用した。ヘア・メーキャップは、同社と「FACETASM(ファセッタズム)」のコラボファッションショーでヘアを担当した計良宏文が手がけた。

資生堂、水原希子を新年広告に起用の画像を拡大

 資生堂は、2005年に「一瞬も 一生も 美しく」をコーポレートメッセージと定め、「美」に関わる様々な活動を推進。創業142年目となる2014年は、「革新」の精神をより強く打ち出し、「一瞬も 一生も」挑戦を続ける全ての女性たちへのエールを広告コピーに込めたという。「最高の美」に挑み続けるという姿勢をコーポレートカラーの赤や水原希子の表情、メーキャップで表現し、「一瞬と一生」の美はスキンケア化粧水のシズルで表した。楽曲には、1978年夏用ファンデーションのCMソングとしてミリオンヒットとなった矢沢永吉の「時間よ止まれ」を採用した。

 2014年の新年広告は、2014年1月1日から新聞やテレビCM、ウェブメディアを通じて展開。 また、水原希子は主力メーキャップブランド「マキアージュ」の顔として、1月21日からテレビCMや雑誌広告などに登場する予定だ。

■資生堂
 http://www.shiseido.co.jp/