大丸松坂屋、ソチ冬期五輪日本選手団の公式服装を製作 

写真拡大

 大丸松坂屋百貨店が、来年2月開催の「第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)」に出場する日本選手団の公式服装をデザインした。大丸梅田店を皮切りに、JOC(日本オリンピック委員会)主催による展示イベントを各地の大丸・松坂屋店舗で順次行っていく。

ソチ五輪の日本公式服装は大丸松坂屋製の画像を拡大

 今回の公式服装は、JOCからの発注で大丸松坂屋百貨店が製作。カシミヤ混のジャケットは柔らかなグレー色を採用し、襟の内側の赤いパイピングは日の丸カラーをイメージしたという。パンツはワンタックのストレートタイプで、太股周りにはゆとりをもたせている。男性用はネクタイに勝ち色の紺を配色。女性用はサクラを連想させるピンクベースのスカーフのほか、五輪マークがあしらわれたバッグとコーディネートする。日本選手団に向けて作られたため販売予定はないが、31日にまで大丸梅田店で展示されているほか、年明けには2日から7日まで大丸京都店、8日から14日まで大丸心斎橋店と神戸店、15日から21日まで松坂屋名古屋店、22日から28日まで松坂屋静岡店と大丸札幌店の館内で公開される。なお松坂屋は、1964年に東京で行われた夏季オリンピックの公式服装も手がけた。