今すぐデキル!消費増税に備える Vol.3
1つ1つの小さな節約も年間を通して行なえば、数万円もの大きな金額になる。住宅ローン、通信、水道・光熱、ショッピングなど今すぐ使えて家計の大きな助けになる節約術をご紹介。これで消費税増税も怖くない!

通信・交通

25. 郵便は大きさや重さで、発送方法を使い分けるとトク

年間3万120円の節約

郵便は大きさや重さで、「定形外郵便冊子」「クロネコメール便」「ゆうパック」、宅配便、「はこBOON」などから送料が安いものを選ぶ。
三辺の合計160僂韮汽ロの荷物を東京から沖縄に送る場合、コンビニ持ち込みで宅急便は3790円、はこBOONは1280円、差額は2510円。この荷物を月1回送るとしたら1年で3万120円の節約になる。

26. ゆうパックや宅急便で使える割引システム

年間2940円の節約

郵便や宅急便は、取扱窓口に持ち込んだりすることによって料金が100円割り引かれる。ゆうパックは1年以内に同じ宛先に荷物を送る場合、料金が50円割り引かれる。また、宅急便には回数券がある。
宅急便で1470円の送料のところに回数券を利用し、年間22回の持ち込みで送るなら、年間2940円の節約になる。

27. 安い送料で郵便を「手渡し」にする方法がある

年間3600円の節約

「レターパック500」(500円)や簡易書留(300円)を利用しなくても、郵便局留めを利用すれば、通常の料金だけで「手渡し」になるので、誤配や盗難の心配がない。ネットオークションで、相手に住所を知らせたくない場合や、家族にオークションで買い物をしていることを知らせたくない場合にも。冊子やDVD・CDであれば、20円プラスすれば、ゆうメールの着払いで「手渡し」になる。簡易書留の代わりに年間12回使うと、送料のみなので3600円の節約。

28. 航空券は直前の申し込みでネット割引も

1回2万円の節約

旅行に行くとき、航空券は国内・海外ともに空室や空席をなくすために、直前になると、インターネット限定で、宿泊料金や航空券が安くなることもある。
過去の例だが、「成田−ソウル往復」の航空券が1週間前に5000円となったことがある。通常購入の格安航空券が2万5000円なら、2万円の節約になる。

29. JR東日本やJR西日本のインターネット会員限定の割引切符

往復7220円の節約

JR東日本「えきねっと」、JR西日本「JRおでかけネット」で、会員限定の割引切符が購入できる。会費は無料。
東京−新潟の新幹線往復乗車券+指定席特急券は2万540円。「JRえきねっと」の割引切符「お先にトクだ値」なら、1万3320円で往復7220円の節約。

30. 航空券とホテルがセットになって、航空券代より安い出張パック

1回2万2940円の節約

楽天トラベルの「楽パック」など、航空券の往復料金と比べて、ホテルをセットしたほうが料金は安くなる。
「福岡−羽田」の全日空往復航空券は6万6940円。「ANA楽パック」なら、「福岡−羽田」の往復航空券に加えて新宿ワシントンホテル1泊で5万4400円になる。1万2540円の差額で、ホテルの宿泊付き。ホテル宿泊料金1万400円を考慮すると、2万2940円も節約。

31. 未使用のテレカはNTTの通話料に充てられる

1回4475円の節約

未使用のテレホンカードは、手数料を支払えば、毎月のNTTの電話料金のうち、ダイヤル通話料金の支払いに充てることができる。金券ショップで、安ければ購入して支払代金に充てる方法も。
使う予定のない未使用の50度数テレホンカード10枚(5000円分)で通話料金を支払うと、手数料は525円かかるが、5000円分の通話料に充てられるため、4475円の現金支出をおさえられて節約。

32. ガラケーを使い続けたい人は外装交換がおすすめ

年間1万円の節約

ガラケーを愛用してずっと使い続けたいという人は、外装を5000円程度でキレイに交換することが可能。中のデータもそのまま。たまったポイントでも支払える。
2年ごとに2万5000円くらいの新機種を買い替えた場合と比べると、約1万円の節約になる。

33. アサヒ飲料の自販機は無料で高速通信が利用できる

年間4万6560円の節約

アサヒ飲料の自動販売機は、地域社会の活性、災害時の利用を考慮してWi −Fiが搭載されている。連続接続時間は30分だけだが、一度切断すれば再接続も。半径50m以内なので、近所にあればある意味使い放題!年間4万6560円かかるイーモバイルなどとのネット接続費が不要になるかも。

34. ヤフオクを使わなくなったときの解約の方法

年間4788円の節約

ヤフーオークションを使わなくなったときに解除方法がわからない人のためのワザを紹介。まず、「Yahoo!プレミアム」のページを開く。http://premium.yahoo.co.jp/
画面左に表示されている「ログインする」からログインしたら、トップページの右下のさらに右下に小さく青い文字で「登録解除」とあるので、そこから手続きをする。ちなみに、「Yahoo!プレミアム」会員費は月399円なので、1年で4788円の節約になる。

丸山晴美
節約アドバイザー

ファイナンシャル・プランナーとしてもメディアで大活躍。日常生活のあらゆる節約術に精通している。


古鉄恵美子
ファイナンシャル・プランナー

1989年からファイナンシャル・プランナーとして活動。雑誌、新聞などに連載を多数持っている。



この記事は「WEBネットマネー2014年1月号」に掲載されたものです。