イベント盛りだくさん!九頭馬で馬九(うまく)いく☆東京ミッドタウンのお正月2014

写真拡大

2014年の午年の縁起物と言えば、やはり馬が九頭描かれた「九頭馬」。生命力や躍進の兆しとして尊重される馬が、九頭並んで力強く疾走する様子は、江戸時代から「万事馬九(うまく)行く」という語呂合わせとともに、福を招く縁起物として喜ばれてきた午年のラッキー・モチーフ!

東京ミッドタウンでは、2013年12月27日(金)から2014年1月26日(日)の期間に、上質な日本のお正月を楽しむイベント「東京ミッドタウンのお正月2014」を開催。2014年のお正月のメインイベントとして、ガレリアの吹き抜けエリアでは、幅約2.5mの巨大な絵馬を九頭分並べ、まるで馬たちが駆け巡っているかのように演出。それぞれに「商売」「出世」「縁談」「蓄財」「勝負」「健康」「夫婦」「豊作・大漁」「受験」など、9つの上昇運を願っているので、お目当ての絵馬を探して記念撮影はいかが?

このほかにも、新登場のガレリア内の7カ所を巡って福を招く「七福神のスタンプラリー」や、定番のお正月イベントで若手書道家に好きな文字を書いてもらって凧にできる「書で綴る凧」(1月2日(木)、3日(金)11:00〜16:30、限定500枚)など、お正月気分が盛り上がる催しがいっぱい! 1月2日(木)には新年最初のおもてなし「振る舞い酒」として、金沢の老舗酒造・福光屋の樽酒をオリジナルの枡で先着800名に提供。また、2日と3日の両日は、神田囃子睦会による獅子舞も。

「東京ミッドタウン内にある21_21デザインサイトで開催中の『日本のデザインミュージアム実現にむけて展』もおすすめです。年明けからアートの世界に浸れますよ」(東京ミッドタウン広報より)

新しい年の幕開けは、優雅に華やかに、「九頭馬」で縁起を担いで福を呼ぶ! これぞ日本人、というお正月をミッドタウンで体験してみては?