写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電子書店パピレスが運営し、コミックから小説、実用書、雑誌、グラビアと幅広いジャンルの電子書籍を取りそろえている電子貸本サイト「Renta!」。特にコミックは、少年漫画、少女漫画、ティーンズラブ、レディース、青年漫画、4コマ、萌え、サブカル、ボーイズラブなど最も豊富なラインナップを誇っているが、今回はその中からティーンズラブコミックの12月の月間ランキング上位作品をピックアップして紹介していこう。

○嘘!アイツが私の旦那様!?〜目覚めたら10年後の未来

宮越和草 urocoの『嘘!アイツが私の旦那様!?〜目覚めたら10年後の未来』は、17歳の高校二年生“はるか”のタイムスリップ物語。ある日、幼なじみの“健也”に背中を押され、憧れの同級生@@@に告白しに行こうと思った矢先、階段から落ちてタイプスリップ。気づいてみればそこは10年後の世界。なんと結婚していたのはケンカばかりしていた健也だった……。

書き下ろし連載作品で、毎月1話づつの展開で全27ページの仕様。どうなるんだ、この先は! と3話目にしてやきもきさせるのは、著者、宮越和/urocoの手腕というべきか。気持ちは処女なのに、身体はしっかり経験済み、納得イカズとも身体はイク、という摩訶不思議な、複雑な乙女心の主人公"はるか"。現実の17歳の世界に戻るのか、"健也"との結婚生活or恋の行方は? いやしかしもしかすると10年後が現実世界なのかも? ティーンズラブ的なアダルト描写も見事だが、純粋に"はるか"の未来が気になってしまう、そんなコミックだ。

○えろ◆めるへん 人魚姫

ティーンズラブをはじめボーイズラブなど月3本ほどの連載を抱える売れっ子、高野弓の『えろ◆めるへん 人魚姫』は、『えろ◆めるへん あしながおじさん』や『えろ◆めるへん シンデレラ』、『えろ◆めるへん ラプンツェル』など、さまざまなティーンズラブ作家の手による“えろ◆めるへん”シリーズの最新刊。

今回のテーマは人魚を扱った、ずばりファンタジー&メルヘン。まだ未熟な人魚であるロッテはある年齢に達しようやく外海へ出ることができた。しかし嵐の中、座礁した瀕死の王子アベルを助けてしまった。偶然出会う、悪魔J(ジェイ)のススメで、自身の声と引き換えに人間の身体を手に入れたロッテであったが、生きるために"清気"を摂り続けなければならない……アベルに恋心を抱きつつも、肉欲に溺れるロッテの物語。生きるために“清気”を摂り続けるという設定故の、冒頭より立て続けに続く激しいエロシーンが印象的。物語がどこへ行くのかと気にしつつも、またエロ、という展開で、読者をがんがん引っ張って行く……これがティーンズラブ。

○夜伽執事 レイ編

夜伽執事とは、とある上流階級の娘に男を喜ばせる夜の作法を教え込むのがその仕事。『夜伽執事』として好評を博した"夜伽執事ハトリ"(全5巻)のストーリーに続いて、今回の主役は鷲羽崎(わしゅうざき)家にやってきた一流の夜伽執事とされるレイ。主である鷲羽崎の願いは、娘の夜凪(やなぎ)を孕ませてほしいというもの。その言葉に驚きつつも、夜凪の本当の思いをも鑑み、夜伽執事としての仕事を全うしていく……。

養子であるはずの夜凪を、主はなぜ迎え入れられないのか、驚きの展開もありつつ、物語はどんどん進行していくという内容。著者の晴山晴緒は、『えろ◆めるへん ラプンツェル』や『桜の木の下にはケダモノ男子が埋まってる!?』など美しい筆致で人気を博している人物。あくまでもティーン向けということで稚拙なラブシーンではありつつも、その絵柄と急ピッチなシーン展開で読み応えあり。

5位は宮越和草 urocoの『吸血愛人〜禁断の交わり』、7位は村上みちこの『スーツを着た悪魔』、10位はユカの『官能小説家は乙女にささやく』などがランクインしている。なお12月のティーンズラブコミックランキングは以下の通り。

(文:大口八太郎)