阪神・淡路大震災を経験した兵庫県は、「減災」の取り組みを一層進めるため平成18年度に「兵庫県耐震改修促進計画」を策定。同計画において、平成27年の住宅の耐震化率を97%とする目標を設定し、この目標を達成するための施策の1つ「わが家の耐震改修促進事業」を実施している。

平成25年度からは、耐震性の低い戸建住宅の耐震化を一層促進するため、耐震診断の結果、評点が0.7未満となる木造戸建住宅に対して「住宅耐震改修工事費補助」の補助額を拡充。また、これまで阪神・淡路大震災の被災地(神戸市ほか11市)で実施していた復興基金事業を県事業と統合し、制度の簡素化を図る。なお、神戸市内に対象住宅がある場合は、受付、交付決定、補助金の交付などの業務を神戸市で行っているとのこと。

なお、平成25年度の補助申請の受け付けは終了。平成26年度の受付は平成26年3月20日ごろより行う予定となっている。詳細は、兵庫県公式サイト(を参照のこと。