注目大学はどう戦うか(2)

 秋の駅伝シーズンに入ってからは、選手に勝利を意識させすぎないように「負けない駅伝をしよう」と話していた前回王者・日本体育大学の別府健至監督がその方針を変えたのは、全日本大学駅伝(11月3日)が終わってからだった。全日本では1区が10位スタート。4区の服部翔大(4年)が、順位を駒澤大学と東洋大学に次ぐ3位に上げたものの、最終8区の矢野圭吾(4年)が区間18位とブレーキになり8位に。来年のシード権も取れずに終わったのが理由だった。

 別府健至監督はこう語る。

「主力が残っているから、箱根は勝てるだろう、と思っている節があるなと感じたんです。勘違いしているなと思い、全日本が終わってからは『もう一度勝ちたいと思え』と言うようにしたんです。前回、うちは8ある力を8出しただけで、東洋大と駒大は10ある力を7しか出せなかったし、9ある力を6しか出せなかったチームもあった。だから勝てただけ。今回は、8の力を9に上げて9を出す、10に上げて10を出すようにしなければいけない。出雲も全日本も勝てなかったから、『もう一度チャレンジする。勝ちたいという強い気持を全員が持ってやらなければ勝てない』と話したんです」

 日体大の最大の強味はもちろん山上りの5区だ。前回、1時間20分35秒で区間賞を獲得した服部を、他校の監督は「条件がよければ1時間18分台で走る」と警戒している。そのアドバンテージを生かすのが勝つための絶対条件だ。

 ところが12月になると、別府監督が「本人もその気持ちを持っていて、山を登らせれば服部に負けないくらいに走れるし、服部自身も他大学の選手より一番怖い存在だと言っている」と語っていた2年生の山中秀仁が、「上りの練習では服部さんと同等くらいで走れる。ということは箱根で5区を走っても、同じくらいかそれ以上の走りができるはず」と、5区への意欲を口にするようになった。実際に起用されるかどうかは別にして、そんなチーム内の競争意識はプラスに作用してくるはずだ。

 別府監督は5区のアドバンテージをより生かすために、1区と2区、3区と4区をセットで考えているという。

 そんな構想を練る上でも、別府監督を喜ばせたのは、夏場は故障で走れなかった前回2区区間4位の本田匠(4年)の復活だ。11月の全日本と同じ時期、数名の選手を付けて合宿を張らせ、30kmを数本、走れるまでに戻ってきた。さらにその後の上尾シティーハーフマラソンでは1時間02分57秒で14位と、完全復活をアピールしている。

 1区は全日本で勝亦祐太(2年)を試した。だが「安定感が持ち味」という勝亦は、駒大の中村匠吾(3年)が作るハイペースの展開から早々と脱落。トップの中村に1分51秒差の10位だった。そのため「箱根でも中村が来るはず」と読む別府監督は、勝亦ではなく、本田と、今年は自己記録を連発し、1万mで27分台を出せる力を持つと評価する山中のふたりを候補と考えている。どちらがどの区間を走るかはわからないが、彼らを1区と2区に配置して、主力で先手を取ろうとしてくると思われる駒大と東洋大に、差をつけられないような体制をとりたいと考えているのだ。

 同様に5区とセットと考える6区には、前回59分33秒で走った鈴木悠介(4年)がおり、今年は5000m、1万mともに自己ベストを更新と力をつけている。また9区には、全日本では気持ちの弱さが出てブレーキになったものの、その後の上尾シティーハーフで1位と2秒差の4位になった矢野がしっかり使える状況だ。

 別府監督は、「主要となる1・2区と5・6区、9区が決まっているのは楽。それを柱にして単純な考えで配置ができる」と語る。

 ただし1万m28分台の記録を持つのは、服部、本田、矢野、山中の4人のみ。東洋大や駒大に比べると枚数が少なく、他の大学が主力をつぎ込んで来る往路では、3区と4区をどうしのぐかが課題になる。

 前回4区区間5位の木村勇貴(3年)は残っているが、近年は準エース区間になっている3区で差を広げられる可能性もある。だが別府監督は「最近は学生たちも情報量が豊富で、自分とあの選手だったらどのくらいの力の差があるというのはわかっている。どうしてもトップでつながなければいけないとなったら心の余裕もなくなるが、『あの選手との差はこのくらいだ』と想定し、その許容範囲前後でつなげればいい。ただし4区は5区を気持ちよくスタートさせるためにも、少しでも順位を上げたり、前を詰めたりしておく必要はある。うちの場合はどういう形で5区につなげるかだけですから」と、5区で逆転可能なタイム差でつなげばいいと考えているようだ。

 キーポイントとなる5区には確実に走ってくれる選手がいるというアドバンテージは、その前を走る選手にも精神的な余裕を与える。そのアドバンテージを最大に生かそうという狙いだ。

 そんな思惑通りに往路が進めば、6区の鈴木は最低でもその差をキープできるはずだ。復路には矢野以外にも、前回1区を経験している勝亦を回すことができるし、出雲、全日本と区間ひと桁台の順位で走っている甲斐翔太(4年)と加藤光(3年)がいる。さらには上尾ハーフでは1時間03分40秒で30位だった奥野翔弥(2年)、4区を希望している坂本新(1年)、別府監督が「11月に本田と一緒に合宿に行かせた強い選手」と期待する山本航平(1年)がエントリーメンバーに入っている。往路で先手を取れば穴もなくゴールまでつなげそうな雰囲気だ。

 山上りの5区に大砲がいる強みを心の余裕にして、4区までの選手がどう走るか。連覇を狙う日体大のポイントは、そこに絞られるだろう。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi