コンビニATMも無料で使い放題!実は超お得な「ネットバンク」活用法

写真拡大

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんなヒントをファイナンシャル・プランナーの筆者が紹介します。今回は「実は超おトクなネットバンクの活用法」。コンビニATMの普及により、お店がない銀行が有名な銀行よりお得なことがあるんです。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■■ネットバンク、知ってますか?

ネットバンクって知ってますか? もし「知らないなあ」という人がいたら、手数料や利息でもったいないことをしているかもしれません。

普通、銀行といえば駅前や商店街に「○○支店」があって、窓口やATMがあるイメージです。しかし、ネットバンクというのは、銀行の支店が駅前にない銀行なのです。支店が少ないということは、なかなか存在を知る機会がないため、知らない人が多いのも仕方ありません。

しかし、ネットバンクは都市銀行や地方銀行のように支店をたくさん持っている銀行にない強みがあります。それは「人件費や土地代がかからない」ということです。たくさんの支店があるということは土地代もかかりますし、職員の給料も必要です。ネットバンクはそうしたコストをカットした代わりに、手数料の優遇や高い預金金利を提供しているのです。

知れば知るほど利用したくなる、ネットバンクの魅力をちょっとご紹介しましょう。

■■ネットバンクならコンビニATM無料!

まず、「支店がないならお金がおろせないのでは?」という心配はありません。今はコンビニATMがあるからです。セブンイレブンにはセブン銀行、ローソンにはローソンATM、ファミリーマートにはイーネットがそれぞれATMをおいており、多くのネットバンクはいずれかと(あるいは全部と!)提携をしています。ネットバンクによっては「毎月×回まで引き出し無料」とか「何度でも引き出し無料」のように条件を定めていることもありますが、下ろせない心配はほとんどありません。

ネットバンクによっては、メガバンクやゆうちょのATMと提携している場合もあります。コンビニだけではなく、たくさんある銀行の支店も利用可能だったりします。これも便利です。つまり、利用にあたって困ることはほとんどないということです。

しかも手数料も有利です。一般的な銀行口座では、「コンビニATMは条件つきで無料」としていたり、条件に当てはまらない場合は「手数料105円」「深夜や週末の手数料がさらに105円」としていることがほとんどです。

(参考)コンビニATMのルールが変わる! 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活・2014年版 [http://ure.pia.co.jp/articles/-/19566]

ところが、ネットバンクのコンビニATM利用については週末や夜中の時間制限がないのがほとんどです。実は大手メガバンクはコンビニATMの利用制限をかけつつあるなど、便利さがやや後退しています。

今こそネットバンクの利用を考えてみるいいタイミングかもしれませんよ。

■■ネットバンクは有利な金利もうれしい

先ほど紹介したとおり、ネットバンクの魅力のひとつに高金利の設定があげられます。これはコスト削減の分を高金利で顧客側に還元しているからです。

各行それぞれの金利設定を行っているため、ホームページで確認が必要ですが、一般的には都市銀行や地方銀行より少し高めの金利にしていることが多いようです。

「銀行の金利なんてどこでも同じで、低いんでしょ?」と思うのは実は間違いです。例えば1年ものの定期預金に50万円を預けたとします。メガバンクでは執筆時点で0.025%の金利が標準的です。ところが、ネットバンクのひとつ、ソニー銀行では0.250%の利息がつくのです(2013/12/22現在)。なんと10倍も利息が違うことになります。1年後に1250円の利息か125円の利息か、と考えればどちらがお得かは一目瞭然です(なお、預貯金の利息には20%の源泉徴収がされます)。

いくつかのネットバンクがあって、金利やサービスを競い合っていることも利用者にとってはうれしいポイントです。例えば、ネットバンクは振込の手数料も安いことがあります。一定の条件(預け入れ残高など)で他行への振り込みが無料になることがあり、家賃の振り込みをしただけで420円かかることもある都市銀行などと比較すれば、年間で5000円も差がつくということもありえます。

■■ネットで口座開設資料を請求しよう

もし「ネットバンク、いいかも!」と思ったらぜひ口座を開いてみましょう。開設費用や維持費用は無料ですから「とりあえず」でもっておいても困ることはありません。

一般的にネットバンクと呼ばれるのは、下記の銀行です(厳密な定義ではありませんが、FPとしてオススメ問題なしと考えるところです)。それぞれホームページで「ATM利用料金」「振込手数料」「預金金利」を紹介しています。比較サイトもあります。

ソニー銀行 [http://moneykit.net/]
ジャパンネット銀行 [http://www.japannetbank.co.jp/]
新生銀行 [http://www.shinseibank.com/]
楽天銀行 [http://www.rakuten-bank.co.jp/]
セブン銀行 [http://www.sevenbank.co.jp/]
住信SBIネット銀行 [https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate]
じぶん銀行 [http://www.jibunbank.co.jp/pc/]

もしどこにするか悩んだら「自分がよく利用するコンビニのATMで無料か」という観点からまずはチェックしてみるといいでしょう。手続きの一部はATMに寄らず、ネットバンキングで完結することもありますので、「ホームページの見やすさやわかりやすさ」もチェックポイントです。

お気に入りのネットバンクがみつかったら、「口座開設」といったボタンをクリックし、必要項目を記入し送信します。免許証をスマホで撮影してメールできるなら、WEBだけで申し込みが完了する銀行もあります(そうでない場合、一度送られてくる口座開設書類にサインしてコピーを郵送すればいい)。

不明な点はコールセンターが対応してくれるなど、「支店がないから不安」ということはほとんどありません。金利もお得で、コンビニATM手数料無料なんてうれしい話ですおね。

ネットバンク、2014年は開設してみてはどうでしょうか。

こちらのレポートもどうぞ!
コンビニATMのルールが変わる! 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活・2014年版 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19566 ]
お金で得する人、損する人の違いはここにあった! 2013人気マネー記事ベスト10 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18997 ]
【節約】手数料ゼロ、金利もおトク! 年間約2万円も節約できるキャッシュカードがあった! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12834 ]
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]