「LOVE MICKEY MOUSE ミッキーマウスオフィシャルファンブック」(学研刊)は1,390円(税込)でイーハイフンとコラボしたキルティングトートバッグつき。A4も入るサイズ!

写真拡大

ついにやってきた年末年始。今年は最大9連休ということもあって、海外へ行く人も多いとか。
とはいえ、やっぱり海外旅行は高額だし、空港は大混雑。ハワイなんて日本人だらけ!?
ならば国内で楽しむ年末年始もいいかな〜と思いませんか。

それなら今年過去最高の入場者数を誇った超絶人気スポットに行ってみましょう。
その場所とは、30周年アニバサーリーイベント真っ最中の
東京ディズニーリゾートです。

年末年始なんて混んでいるよねと思っている方、そうです。混んでますよ!
でも最近はいつ行っても混んでますよ、なんといっても過去最高の入園者数ですからね。
だったら、年末年始に行ってもいいじゃない〜、ということです。

そこで、東京ディズニーリゾートはもちろん、海外のディズニーリゾート(ロス、フロリダ、パリ、香港)もすべて行き尽くした私が、ミッキーのオフィシャルファンムックでも紹介した、パークでミッキーに会える(接近できる)スポット10を混雑時の攻略ポイントつきでお届けします。


エントランス(ランドとシー共通)

両パークのエントランスではキャラクターたちが入園したゲストを出迎えてくれます。その中にミッキーがいる確率は高いです。(登場キャラは発表されていません)
エントランスで会ってこれから遊ぶわけですから、開園時間から1時間以内ぐらいに入ることをおすすめします。ちなみに、年末年始のような混雑時期に開園時間に入園するには、開園時間よりもっと前に到着することがマストです。
ゲートは1つじゃないとはいえ、1人ずつ通るものですから時間がかかります。開園時間には着いていたけど、入れたのは1時間後だった……なんてことはよくある話。


ミッキーの家とミート・ミッキー(東京ディズニーランド

トゥーンタウンにあるミッキーの家。このアトラクションに行けば、確実にミッキーに会えます。
ミッキーは映画の撮影中で、その休憩時間に会ってくれるという。撮影している映画によって衣装が違い、その数は4パターン。何の衣装かはお楽しみです。
ミッキーの家があるエリアは比較的に小さい子に向けたアトラクションが多く、そのためか日中は大変混雑しますので、夕方〜夜のパレードぐらいの時間帯が狙い目。ただ、ミッキーに会えるアトラクションということですごく空くこともなく、平均して1時間ぐらいは待ちます。


リロのルアウ&ファン(東京ディズニーランド)

アドベンチャーランドにあるポリネシアンテラス・レストランの大人気ランチショー。リロというのは、映画『リロ&スティッチ』のリロで、彼女がミッキーたちを招いてパーティをします。ゲストはそこでハワイアン料理のコースを食べながらショーを見るのですが、ミッキーを含めた登場キャラたち全員が必ずテーブルに挨拶にきてくれます。もちろん、撮影もオッケー!
現在は完全予約制であり、昔のように開園と同時にレストランまで走って行くことはなくなったのですが、年末年始はすべて満席(12月25日現在)。ただ、開催日の一カ月前から予約を受付しているのでキャンセルもあるかもしれません。当日空席がある場合、スマホかモバイルサイトから予約が可能なので、諦めずにチェック。
ショーは他にも、同レストランのディナーショーやザ・ダイヤモンド・ホースシューというウエスタンランドのレストランでもランチとディナーのショーがありますが、確実にキャラたちと触れ合えるという意味では、このショーだけ。


ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(東京ディズニーシー

東京ディズニーシーのロストリバーデルタに出来た、キャラクターグリーティングエリア。他のキャラもいるのですが、ちゃんとお目当てのキャラに並べるようになっています。
ミッキーの家に比べても空いており、だいたい30〜50分程度。この現象の理由、なぜだか分かりますか?実はディズニーシーで一番混雑しているキャラクターグリーティングは、ダッフィー。平均的に100分以上待ちという強者です。
ダッフィーとはミニーがミッキーに贈ったテディベアなのですが、もはやミッキーを振り切って一番人気のキャラに。2014年1月14日からはシェリーメイというダッフィーの友達のグリーティングスポットも常設される。その列も同じように混雑するとなれば、アトラクションは空いてくるのかも!?


ホライズンベイ・レストラン(東京ディズニーシー)

ポートディスカバリーにあるレストランで、普通のお食事エリアとキャラクターダイニングエリアに分かれている。キャラダイエリアはセットメニューで固定価格だが、食事中にミッキーたちが席まで遊びにきてくれます。
食事時間を外せば比較的に少ない待ち時間で入れるようですが、レストランのオープン時間をよく確認していきましょう。また、1人だけで並んで座席を取ることはできず、全員が揃わないと店内に案内されませんので、ご注意ください。

以上、ミッキーと接近できてオススメという5つのスポットでした。
もちろん、他にもパレードやショーはあり、ミッキーはいろんな場所で見ることができますが、やっぱり一緒に写真を撮りたい、サインが欲しいという人にはぜひ行ってほしいです。

最後に1つ、年末年始のパークで注意点。
12月31日20時〜1月1日7時までは通常のパスポートでは入園できません。年越し特別営業となっていて、専用パスポートが必要です。パスポートは毎年抽選販売で、もちろんすでに申し込み終了。当日券もないので気をつけましょう。
カウントダウンのパスポートをお持ちの方には、真夜中のジャングルクルーズをおすすめします。ほんとに真っ暗で結構怖いんです。しかも2014年秋にリニューアルオープン予定のため、1月6日で現在のジャングルクルーズは終了。最後にもう一度、乗っておきたいですね!
(小林美姫)