宝くじで当たった約40億円を全て寄付!−加ニュース

写真拡大

宝くじに当たったら…と想像してみることは誰にでもあること。しかし、当たったお金を全部寄付するという発想はなかなか出てきませんよね。

カナダのカルガリーで、宝くじで約40億円を当てたトム・クリストさん。その全てをチャリティーに寄付したというニュースが話題をよんでいます。使い道はいくらでもあったようですが、あえて寄付という選択をしたのには理由がありました。

トムさんは二年前、最愛の妻ジャニスさんを癌で亡くしました。

宝くじの当選報告を受けたとき、真っ先にジャニスさんのことを思ったそうです。

「彼女だったら、まず有頂天に喜ぶことでしょう」とコメントしています。

「妻がいたら一緒にどう使っただろう?そう思ったとき、寄付することを思いついたのです。彼女も僕と同じ思いだという自信があります」と、トムさんは述べました。

寄付はジャニスさんが最期を過ごしたというカルガリーのトム・ベイカー癌センターをはじめ、数々のチャリティに送られるそうです。

「がんを患う人たちに希望を」というトムさんとジャニスさんの思いが届けらました。

参考: Calgary Lottery Winner Donates Every Penny Of $40 Million Jackpot In Wife’s Memory
http://www.huffingtonpost.com/2013/12/17/calgary-lottery-winner_n_4458993.html