写真提供:マイナビニュース

写真拡大

秋田県男鹿半島、男鹿市役所庁舎前で、大晦日恒例の「なまはげ行事」が行われる。開催日は12月31日。

○今や全国区!? なまはげ行事

「なまはげ」は、大晦日に男鹿半島ほぼ全域で、五穀豊穣、家内安全を祈り行われる伝統行事。鬼のような面に、藁や麻などで作ったケデ(ケラ)と呼ばれる蓑をまとった若者たちが、「怠け者はいねがー、云う事きかねえワラシはいねがー」などと奇声を上げながら家々を回る。

男鹿市役所庁舎前では、なまはげによる太鼓の演奏「なまはげ太鼓」が披露されるほか、ほら貝の音とともに、なまはげが市役所の裏側・旧中川邸〜市役所の周囲を練り歩く。行事のフィナーレには、「紅白餅まき」が行われ、1年の最後を締めくくるとのこと。

(OFFICE-SANGA)