写真提供:マイナビニュース

写真拡大

美と健康に関する企業と専門家によるコラボレーションサイト「Beauty & Co.」は、既婚の30・40代男女518名(女性259名、男性259名)を対象に、日常生活における時間の使い方の実態と意識に関する調査を実施した。調査時期は11月。

「平日、夕飯を調理するのにかかる時間」を聞いたところ、女性は「30〜40分」、「50分以上かける」(それぞれ29%)という回答が最も多かった。一方、男性はやや少な目の「20〜30分(28%)」が最多で、「50分以上かける」という回答は1割にとどまっている。

そこで、「夕飯の理想の品数」を聞いたところ、女性の約半数が平日でも夕飯のおかずは「4品以上」を理想としているのに対し、男性の半数以上は「3品」で充分と回答。女性は忙しい生活の中でも「夕飯はしっかり時間をかけて、品数は充実したい」と考えているのに対し、男性は女性ほどこだわっていないなど、男女間で意識にギャップがみられた。

また、自由に使える時間ができた場合に、その時間をどう使いたいかを聞いたところ、男性は「夫婦の会話を充実させる」という回答が最多。一方女性は、美容や健康などの「自分磨き」という回答が最多となり、ここにも男女間の意識の差が現れる結果となった。