共演者の榮倉奈々とハン・ヒョジュ

写真拡大

[シネママニエラ]人気グループ嵐のメンバーである相葉雅紀主演で、中村航著「デビクロくんの恋と魔法」の実写映画化が発表された。相葉は本作で待望の映画初主演を飾ることになり「観た人が必ずあたたかくなる作品にします!」との意気込んでいる。

山本光役を務める相葉によれば、同作は「ちょっとファンタジーでクリスマスにぴったりな夢のあるラブストーリーです」とのこと。「また、クリスマス・イブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われる事に運命を感じています!」と宣言。原作者の中村も「主人公の化身であるデビクロくんはクリスマス・イヴに生まれたのですが、同じ誕生日の相葉さんに演じていただくということで、何やらミラクルの萌芽を感じています」と期待を寄せている。

ヒロインの高橋杏奈役は、相葉とはバラエティ番組以外では初共演となる榮倉奈々。榮倉は「自分の想像を遥かに超えた未知なる作品になってほしいと願っていると同時に確信しています。一見、男勝りで勝気でボーイッシュなイメージの杏奈ちゃんの内面にある女の子らしさが伝わるように頑張りたいです」とコメント。

北山一路役には、相葉と所属事務所が同じ生田斗真。舞台「Stand by Me」での共演以来となり、「実写の中にアニメーションパートが入ってくるという事で、どういった作品になるのか、未だ想像がつきませんが、この映画の一部として、しっかりと役を勤めさせて頂きます」と真摯に語る。




こちらの嵐・相葉雅紀 映画単独初主演『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作決定 続きはシネママニエラにて

南樹里のシネママニエラ