写真提供:マイナビニュース

写真拡大

仙台市交通局は24日、地下鉄東西線(2015年度開業予定)の正式な駅名を決定したと発表した。同路線は仙台市南西部の八木山動物公園付近からJR仙台駅付近を経由し、仙台東インターチェンジ(仙台東部道路)付近までを結ぶ約13.9kmの路線。リニアモーター式の地下鉄を採用し、新型車両2000系を60両(4両編成15編成)投入予定とされている。

地下鉄東西線に設置される13駅はこれまで仮称とされ、「仙台市地下鉄東西線駅名検討委員会からの提言や市民意見募集の結果、地域団体などからの要望・意見を踏まえ、正式な駅名を決定」(仙台市)したという。仮称と異なる正式駅名となったのは、「八木山動物公園」(仮称「動物公園」)、「大町西公園」(仮称「西公園」)、「青葉通一番町」(仮称「一番町」)、「宮城野通」(仮称「新寺」)の4駅。

4駅とも仮称より長い駅名となるが、「八木山動物公園」「大町西公園」「青葉通一番町」については、仙台市外からの利用者にも駅の所在地をわかりやすく案内することを考慮したという。「宮城野通」は仙台市東部の主要幹線道路で景観地区にも指定されており、「この通名を地域発展の象徴とし、駅名としたいと願う地域からの要望も考慮」したとのこと。

これら4駅以外は仮称がそのまま正式駅名に。一部の駅で副駅名も採用される。地下鉄東西線に設置される13駅の駅名(カッコ内は副駅名)は、「八木山動物公園」「青葉山(東北大学青葉山キャンパス前)」「川内(東北大学川内キャンパス前)」「国際センター(仙台城跡入口)」「大町西公園」「青葉通一番町」「仙台」「宮城野通」「連坊(仙台一高前)」「薬師堂」「卸町」「六丁の目」「荒井」となる。