向後の7日株:NISAに備える!14年相場に期待が掛かるビッグデータ関連の小型割安株(473X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

日本ラッド(4736) が今日の注目銘柄!

証券優遇税制が適用されるためには、年内に受け渡しを完了する必要があります。その最終約定日が12月25日となることから、足元のマーケットでは証券優遇税制の終了に伴う個人投資家の売り圧力が大きくなっています。

この25日を過ぎれば、利益確定売りも一巡し、26日からはNISA(少額投資非課税制度)の取引が可能となることから個人投資家の買い意欲も旺盛になるとみて、14年相場のテーマの一つであるビッグデータ関連の同社に注目します。

同社は、11月1日にNTTコミュニケーションズとビッグデータ解析で協業し、ビッグデータ解析をクラウド上で行う「ビッグデータ解析クラウド」の構築支援サービスの提供を開始することを発表しました。

政府は20日に、本部長を安倍晋三首相とするIT総合戦略本部で、ビッグデータの活用に向けた新たな方針を決定しました。15年の通常国会では個人情報保護法改正案を提出すると報じられています。

このように、官民一体でビッグデータの利活用に向けた動きが加速する点が大きな期待材料です。

11月5日に発表した14年3月期通期連結業績は売上高は40.25億円(前期比7.2%増)、営業利益は3900万円(前期は6600万円の赤字)、経常利益は3900万円(前期は6400万円の赤字)、当期純利益は400万円(前期は3800万円の赤字)と利益面は黒字転換の見込みです。ちなみに1株当たりの年間配当は5円の予定です。

週足チャートをみると、株価は13週移動平均線(24日現在、294円)がサポートとして機能し堅調に推移しています。またボリンジャーバンドでは、+1σ(同、298円)と+2σ(同、348円)の間をバンドウォークしながら上昇トレンドを継続しています。
24日終値302円でのPBRは0.91倍と資産面では割安な水準で、時価総額は13.6億円と超軽量級なことから、資金の流入による株価上昇のインパクトが大きい点にも注目です。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。