昨シーズンより6年ぶりに復活したJR東日本のテレビCM「JR SKISKI」が話題だ。

<スキー場の最寄り駅で電車のチケットを探し回る冴えない男子(柳俊太郎)。だが、いざスキーウエアに身を包んで白銀の世界に飛び出すと、まるで別人のよう。颯爽と滑り下りるその姿に、主演の川口春奈は思わず「えっ…なに? これがゲレンデマジック」と呟く――>

「ぜんぶ雪のせいだ」をキャッチコピーに、すっかりマジックにやられた川口が「しないの? キス」と男子を大胆に誘う別バージョンもあり、思わずドキッとさせられる。

 こんなCMを見て、久しぶりにスキー場に出掛けようかと胸をときめかせている世代も多いのではないだろうか。

 原田知世主演の映画『私をスキーに連れてって』をきっかけに、空前のスキーブームが沸き起こったのが1980年代後半。その後、人気は下火になったが、あの当時スキーに夢中になっていた高校生や大学生の“バブル世代”はいまや40歳前後になり、「再びスキーブームを牽引し始めている」(地方紙)との報道も多い。

 スキー人気の復権はホンモノか。日本生産性本部の余暇創研が毎年発表している『レジャー白書』を見てみると、残念ながらスキーやスノーボードの参加人口はピーク時(1993年)の1860万人に遠く及ばず、800万〜900万人で推移している。

 余暇創研の主幹研究員である志村武範氏が分析する。

「過去5年間をみても、全体的には伸びている状況にありません。2011年は前年に比べて増加したものの、2012年はまた減少。2010年を下回っています。

 白書では最近5年以内に『やめた余暇活動』もアンケート調査していますが、スポーツ部門ではスキーがトップ。『年齢や健康、体力にあわない』『費用が負担できない』『一緒に参加する仲間がいない』などが、やめた大きな理由でした」

 一方で「開始・再開した余暇」のスポーツ部門トップはマラソン・ジョギング。確かにスキーと違って、「無理せず一人で始められ、費用もかからない」(前出・志村氏)という気軽さが受けているのだろう。

 しかし、スキー場もゲレンデに人を呼び戻すべく、あの手この手の策を打ち出している。旅行会社は電車やバスツアーの交通利便性を高め、ウエアや道具の安価貸し出しのほか、リフト券無料や子供レッスン無料、自転車型そりの無料レンタルなど、少しでも利用者の負担を軽減するサービスを充実させている。

 こうした誘客努力で今シーズンのスキー人口アップに結び付けられるか。特に今年はアベノミクスによる消費上向きや、年末年始の9連休など追い風も吹いている。

「人口こそ伸びていませんが、参加者の年間活動回数やスキー場の市場規模自体はわずかながら回復傾向にあります。あとは、レジャーランドやテーマパークがいろんなアトラクションやイベントで多くの集客を得ているように、スキー場もスキー以外の新しいサービスやイベントを組み合わせれば、もっと話題づくりになると思います」(志村氏)

 最近ではLEDを用いたイルミネーションイベントや子供向けのスタンプラリー、周辺の観光名所と連動したレジャーの提案など、さまざまなPR活動で客足を伸ばすスキー場も出始めている。

 スキー場はどんな魅力的な“ゲレンデマジック”を演出してくれるのか。レジャー産業の今後を占う意味でも、大事なウインターシーズンとなりそうだ。