資生堂が社長交代を発表 新任は日本コカ・コーラ元会長の魚谷雅彦

写真拡大

 資生堂が12月24日、元日本コカ・コーラ会長の魚谷雅彦(うおたにまさひこ)氏を執行役員社長とする役員人事を発表した。「日本をオリジンとし、アジアを代表するグローバルプレイヤー」になることを目指し、成長性の回復と収益力向上に取り組んでいる同社は、今年4月1日から代表取締役会長と執行役員社長社長を兼務する前田新造(まえだしんぞう)氏の「選択と集中」の推進、「成長の行く手を阻む経営課題」の解決策を講じてきた。今回、今後の道筋がついたことから前田氏は相談役に就任し、新体制をスタートさせるという。

資生堂、社長交代を発表の画像を拡大

 魚谷雅彦氏は1954年生まれ。同志社大学 文学部 英文学科を卒業後、ライオン歯磨(現ライオン)入社を経て、米国コロンビア大学経営大学院でMBAを取得した。その後、日本コカ・コーラの社長・会長を計10年務め、特にマーケティングについては「ジョージア」や「爽健美茶」といったヒット商品で高評価を獲得。現在はブランドヴィジョンの代表取締役社長、2013年4月からは資生堂マーケティング統括顧問としても活躍している。就任にあたり、魚谷氏は「私のミッションは、前田社長が資生堂の再生に向けスタートを切った経営改革を、さらに強化・加速・発展させ、資生堂の次なるステージに向け、一層の革新と成長を実現することであると考えています」とコメントを発表。2014年4月1日付で社長交代が予定されているが、同年6月下旬に開かれる第114回定時株主総会とその後の取締役会の承認を経て正式に就任する。

 現代表取締役会長 兼 執行役員社長の前田新造氏は、2014年3月末日で執行役員社長を退任。2014年4月1日付で代表取締役会長となり、第114回定時株主総会の終結とともに代表取締役会長を退任し、相談役に就任する予定になっている。

■資生堂
 http://www.shiseido.co.jp/