ルイ・ヴィトン マーク最後の広告はミューズ6名のポートレート

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」 が、2014年春夏広告キャンペーンを公開した。モデルには、2014年春夏コレクションを最後にブランドを去ったデザイナーMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)のミューズとして、女優のCatherine Deneuve(カトリーヌ・ドヌーヴ)やモデルのGisele Bündchen(ジゼル・ブンチェン)、映画監督のSofia Coppola(ソフィア・コッポラ)ら6名の女性を起用。広告は2014年1月より世界各国で展開される。

LV2014年春夏広告にマークのミューズの画像を拡大

 2014年春夏コレクションは、Marc Jacobsにとって「LOUIS VUITTON」で発表するラスト・コレクションで、これまでにインスパイアされた女性達に捧げてデザインされている。広告にはCatherine Deneuveらに加え、中国の女優Fan Bingbing(ファン・ビンビン)やフランスの音楽プロデューサー兼モデルのCaroline de Maigret(キャロライン・デ・メイグレ)、マークジェイコブスが最後のショーのトップモデルに選んだEdie Campbell(エディ・キャンベル)が登場。フォトグラファーはSteven Meisel(スティーヴン ・マイゼル)が担当し、ミューズ達は今シーズン様々なバリエーションで登場するアイコンバッグ「ノエ」を手に撮影。女性達と揺るぎないスタイルに対するオマージュを表現したという全8枚のシングルポートレートを完成させた。
 
 Marc Jacobsの後任として「LOUIS VUITTON」の新しいアーティスティック・ディレクターには、Nicolas Ghesquière(ニコラ・ ゲスキエール)が就任。2014年3月には、Nicolas Ghesquièreが手がける初のウィメンズコレクションとして2014-15年秋冬コレクションが披露される予定だ。