警視庁、サンタクロースに対し交通ルールの注意呼びかけ

写真拡大

警視庁犯罪抑止対策本部の公式Twitterアカウントが、今夜から明日未明にかけ来日する「サンタクロース」に対し、注意を呼びかけている。

注意文によると、サンタクロースが乗るソリは、日本の道路交通法上、軽車両扱いとなるため、道路を通行しているとき違反があれば、警察官により赤切符を切られることもあるとのこと。
さすが日本の警察。サンタクロースといえど交通違反に容赦はしないそう。

【関連:アメリカ軍とカナダ国防軍、今年も総力をあげ「サンタクロース」をエスコート】


▼警視庁犯罪抑止対策本部 @MPD_yokushi (12月24日15:31)
(サンタクロースが乗るソリは道路交通法上軽車両の扱いになりますので、道路を通行しているときに違反があると警察官に赤切符を切られる可能性があります。空を飛んでいれば交通違反にはなりませんが、航空法に違反するかもしれません。日本を通るサンタクロースさんはお気をつけください…)(甲)
<引用ここまで>

この記事をお読みの皆さん。もし今晩、道路にソリを停めていたり、一旦停止を怠っているサンタクロースをみかけたら、世界中の子供のために是非注意してあげてくださいね。

また、今晩「サンタクロース」になる予定の皆さんも同じくご注意を!

参考/引用:
警視庁犯罪抑止対策本部Twitter @MPD_yokushi