部屋の壁面全体を容易に照らすことができる(写真は、「シンクロ調色 長手配光LED間接光ブラケット」)

写真拡大

パナソニックは、明るさにあわせて心地よい光色に変化する「シンクロ調色LED照明」の品ぞろえを拡充、「シンクロ調色 LED建築化照明」(3品目)と「シンクロ調色 長手配光LED間接光ブラケット」(2品目)、「シンクロ調色 長手配光LEDブラケット」(2品目)を、2014年1月21日に発売する。

これにより、シリーズの合計が41品番となり、組み合わせの幅が広がる。

光には人が快適と感じる「光色」と「明るさ」の領域があり、「シンクロ調色LED照明」は、くらしのシーンにあわせて、人が快適と感じる「光色」と「明るさ」の領域を簡単に再現できる。今回、「ラインタイプ(横長のタイプ)」を拡充。品ぞろえの強化で、さまざまなくらしのシーンにふさわしいあかりの演出を可能にした。

部屋の壁面全体を容易に照らすことができるようになるとともに、操作性を向上させた「リビングライコン」(別売)を使用すれば、照準の色温度(光色)の調節をカンタンに行うことができる。

希望小売価格は3万3000円〜6万8000円。