写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」モニターのうち、事前調査で「新築マンションの購入を検討している」と回答した東京都の30代男女300名を対象に、「新築マンションに関する調査」を実施した。調査期間は12月12日〜16日。

マンションデベロッパーで知名度が最も高かったのは「野村不動産(86.0%)」で、9割近くの人が知っていると回答した。次いで高かったのは「住友不動産」で83.4%、「三井不動産レジデンシャル」で79.7%となっている。

新築マンションの購入意向について聞いたところ、44.3%の人が「1年前と比較してより購入意向が高くなった」と回答。また、周囲の人についても「マンション購入意向は1年前と比較して高まっていると感じる」と回答した人が42.0%にのぼっている。

また、マンションの購入検討をきっかけにライフスタイルに変化があったかを聞いたところ、「夫または妻との関係がより良くなったと感じる」と回答した人が33.6%。「将来設計がより明確になったと感じる(50.0%)」と回答した人が半数にのぼった。

マンションの地震対策への意識については、40.0%の人が「住宅情報を見るときは、まずは地震対策からチェックする」と回答。男女別に見ると、男性は36.7%、女性は43.4%となっている。