原宿キャットストリートに食の新スペース「GRAIN(グレイン)」オープン

写真拡大

 原宿のキャットストリートにポップアップダイニングスペース「GRAIN(グレイン)」が2014年1月6日にオープンする。コンサルティングファームTHINK GREEN PRODUCE(シンクグリーンプロデュース)が運営する新スポット。食を中心に新しいスタイルやコミュニケーションを生み出す場所として活用される。

原宿に食の新スペースの画像を拡大

 「GRAIN」は、原宿から渋谷に向かうキャットストリート沿いの原宿MOEビル2階に出店。いろいろな食べ方で親しまれるお米やパンのように「自由で、様々な味付け」で利用できるよう、スペースの名称に「穀物」という意味の「GRAIN」が名付けられた。キッチンが併設され、オープン後は飲食店やストア、イベント・パーティースペースなど「食」にまつわる様々なニーズに対応していくという。撮影スペースの利用は、1時間20,000円(3時間から予約可能)。料理教室や知り合いのみで行うクローズドなプライベートパーティーの場合は、平日の5時間利用で40,000円、休日は45,000円。

 「GRAIN」を手がけるTHINK GREEN PRODUCE(シンクグリーンプロデュース)は、原宿のノマドワーカーに向けたスペース「THE TERMINAL(ターミナル)」や、鎌倉に複合ショップ「GARDEN HOUSE」などを運営。2012年10月には同じくキャットストリートに"フード"をコンセプトに掲げたシェアオフィス「COOK & Co(クックアンドコー)」をオープンさせている。

■GRAIN(グレイン)
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-25-1 原宿 MOE ビル 2F