●世界へ!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©ESE /世界でいちばん強くなりたい!製作委員会

<キャスト>
萩原さくら:竹達彩奈
宮澤エレナ、ブルーパンサー:阿澄佳奈
豊田美咲:鳴海杏子
風間璃緒:戸松遥
福岡萌:金元寿子
真田朱里、ブルーパンサー:花澤香菜
鈴元千夏:三森すずこ
小宮山紅亜:上坂すみれ
藤下香苗:佐藤利奈
菅野七海:大坪由佳
望月悠歩:伊藤美来
早瀬愛華:雨宮天
桐島真琴:喜多村英梨
ホーネット:徳井青空
ジャッカル東条:たかはし智秋
西原 涼:角川沙織
猪場 精一:立木文彦
沙里菜:渡部優衣
実況:三石琴乃

●ストーリー
国民的アイドルグループ「Sweet Diva(スウィート ディーバ)」で、不動のセンターボーカルとして活躍する萩原さくら。アイドル界のトップに上り詰めた彼女が、新たな活動の舞台に選んだのは女子プロレスのリングだった!
大切な仲間・宮澤エレナへの想いと「Sweet Diva(スウィート ディーバ)」の誇りを守るため、プロレス団体「ベルセルク」のレスラーとしてリングに立つことを決めたさくら。そこは華々しい世界とはかけ離れた、女同士の真剣勝負の場所だった。
ライバルたちとの闘いの先にある、本当の強さをさくらは手にすることができるのか!
●オープニング
萩原さくらVS宮澤エレナ。負けたらプロレス引退という中、大苦戦を強いられる萩原さくらですが…。
●リング場のアイドル
宮澤エレナの蜘蛛絡みに苦しむ萩原さくら。意識が遠のく中、豊田美咲の激により目覚め、強引な力技で脱出します。

萩原さくらが立ち直り、ドロップキック、プランチャーと連続技を決め、場外乱闘へ!

ジャッカル東条「トップアイドル同士が最高のステージで最高の技で競い合う。これも貴方が演出したの、朱里?」
真田朱里「いえ、これはあの子達の実力よ!」

宮澤エレナのムーンサイドプレスを膝を犠牲にして返す萩原さくら。

※2人ともアイドルとは思えません!
●2人の選択
萩原さくらのさくらスペシャルからのムーンサイドプレス、これによって萩原さくらのフォール勝ち!

萩原さくらの勝利、これによって彼女はプロレス引退は避けられたのですが…。

宮澤エレナ「やっぱり認められない!女々しいと言われても良い!さくら、Sweet Divaに戻ってきて!」

そしてSweet Divaの他4人もリングサイドへ現れます。

そして場内もアイドル復帰とプロレス継続の2つに意見が別れるものの、

ジャッカル東条「萩原さくら、世界へ!シャングリラへ来なさい!」

ここで3つ目の選択肢が!

※ナレーション「選べ!」

迷う萩原さくらに対して、

ジャッカル東条「萩原さくら、貴方の進むべき道は決まっているわ。両方、アイドルとプロレス両方をするのよ!」

それは宮澤エレナに対しても同じ。その結果、2人の選択は…。
●数ヵ月後(エピローグ)
「Sweet Diva」としての歌手活動をする萩原さくらと宮澤エレナ。

萩原さくら「試合会場まで何分?」
宮澤エレナ「走れば5分!」
萩原さくら「じゃあ私は4分!」


プロレスとアイドルは両立出来る、のでしょうか?

「世界でいちばん強くなりたい!」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第11話「激闘!宮澤エレナ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第10話「ブルーパンサーの正体!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第9話「女子高生新人レスラー、福岡萌!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第8話「ジャッカル東条VS萩原さくら」(ネタばれ注意)
【アニメ】「世界でいちばん強くなりたい!」第7話「ブルーパンサー」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「世界でいちばん強くなりたい!」TVアニメ公式Webサイト
「世界でいちばん強くなりたい!」AT-X公式Webサイト