●ドント・ルックバック

(画像:「ゴールデンタイム」公式Webサイトより)
(C)竹宮ゆゆこ/KADOKAWA/おまけん

●キャスト
多田万里(ただ ばんり):古川慎
柳澤光央(やなぎさわ みつお):石川界人
加賀香子(かが こうこ):堀江由衣
林田奈々(はやしだ なな):茅野愛衣
佐藤隆哉(さとう たかや):比上孝浩
岡千波(おか ちなみ):木戸衣吹
NANA先輩(ななせんぱい):佐藤聡美

●ストーリー
東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、入学式の後に行われる新入生オリエンテーションの会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合した万里であった。なんとか目的の場所へ辿り着く目処がついたそのとき、2人の前に薔薇の花束を持った美女が現れる。彼女は花束を光央の顔に何度も叩きつけた後、その花束を光央に渡し「入学、おめでとう」とだけ告げ去っていってしまう。スタイルも身につける物も全てが完璧な彼女・加賀香子は光央の幼馴染みで、幼い頃に光央と交わした「結婚」の約束の実現を夢見て、さまざまな形で光央を振り回してきた。そんな香子から逃れるために、有名私立大学の付属高校からこっそり外部受験で現在の大学に進学してきた光央だったが、新入生オリエンテーションの会場でも香子は2人の前に現れる。香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。
●オープニング
林田奈々「えっ、万里!?」
多田万里「林田先輩!?」

アルバイト先(サプライズパーティー)で林田奈々との衝撃の出会い!

※NANA先輩の知り合いであればいてもおかしくないですね!

加賀香子のみは蚊帳の外。しかし、彼女ならば…。
●ハプニングバー?
セクシーなお姉さんやガチムチ系のオ○マさんまで、柳澤光央、モテモテ。

柳澤光央「林田先輩、エ○かっこいいです!」
NANA先輩「柳澤、業務命令だ!舞台に上がれ!バイト料1万円上乗せするから。」

柳澤光央、舞台に上がる!もちろん半裸!

林田奈々も一緒で満更でも無い多田万里。

一方、加賀香子は多田万里に自宅に行くも不在という事に気付きます。電話にも出ない点に彼に不信感を持った彼女のとった行動は!

盛り上がっていたハプニングバー、そこに現れたのは加賀香子!加賀香子、多田万里にビンタ!しかもお酒をぶっかけられる!

加賀香子、違う意味でハプニング!
●加賀香子が足りないもの
加賀香子に対して必死に事情を説明する多田万里。そして無言で立ち去る加賀香子。この状況は把握したものの、彼女にとって自分に対して嘘をつかれていたという事に不信感を持ったようです。

漸く、イベントも終了し給与を頂いた多田万里。携帯電話を見てみると加賀香子からの無数のメールと着信履歴が!

慌てて自宅に戻ると、本日、自分のした所業に対して自己嫌悪になっていた加賀香子がいました。

加賀香子「いい彼女で居たかった。でも、嘘は嫌っ!」

多田万里にとって加賀香子が現在の彼女ではあるけれど、高校時代の同級生であった林田奈々との再会に対して記憶は無いのに感情だけが元に戻る瞬間があったりする。それが加賀香子にとって申し訳ないと思う彼。

加賀香子「貴方から正直に話して欲しかった!」

加賀香子が多田万里に対して足りないもの。それは時間や経験、そして写真。

多田万里「香子。写真、撮ろうか。」

時間や経験はいずれ積み重なるもの。今はとりあえず写真だけでも。
●「過去との訣別」宣言
翌日、林田奈々に対して多田万里が宣言した「過去との訣別」。

彼の宣言を表面上こそ林田奈々は受け入れるものの、内心は寂しいのです。しかし、彼女にとってはそれが一つの転機となったと言えます。

「ゴールデンタイム」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ゴールデンタイム」第11話「多田万里、アルバイトをする!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第10話「嫉妬、それとも…」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第9話「浮気の現場」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第8話「記憶の無い思い出」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゴールデンタイム」第7話「関係が変わっても大切な人」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ゴールデンタイム」TVアニメ公式Webサイト