2014年の日本の株式相場はどのような展開を見せるのか。マネーのプロ30人に緊急アンケート調査を行ない、2014年の日経平均株価の最高値とその時期を聞いた。マネーのプロたちの大半は、「2014年の日経平均も大きく上昇する」と“強気”に読んでいる。

 では、2014年の上昇局面において、大化けが期待できる個別銘柄は何か。マネーのプロたちに厳選の秘蔵銘柄を1つずつ挙げてもらった。

 東京IPO編集長の西堀敬氏が推すのは、独立系投資顧問であるスパークス・グループ(8739=証券コード、以下同)。

「日銀の金融緩和は少なくとも今後2年は続きそうで、いわゆる過剰流動性相場も継続すると見ます。その中で、一番値動きが活発となるのは小型株。その小型株の運用が得意な同社は、自らの運用資産や成功報酬の増加で大幅な増収増益が予想されます。その結果、株価は年末までに1000円に乗ってもおかしくありません」

 現在の株価からすると、何と5倍の大化けが考えられるというのだ。

 グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏が挙げるのは、京阪神中心に分譲マンションを販売する日本エスコン(8892)だ。

「新興株が急騰して個人マネーが潤えば、次は不動産バブルが到来すると考えます。その時には、まずこの銘柄のように、2013年5月に短期間で暴騰した銘柄に再びスポットライトが当たり、急騰する可能性が高い」

 こちらも約130円の株価が4倍となってもおかしくないというのだ。

※週刊ポスト2014年1月1・10日号